2010年01月28日

スイミングスクールと娘の成長

今日は僕の話ではなく娘の話です。

娘は小学一年生で週に一日スイミングスクールに通っています。

身体の使い方は英才教育(ほったらかしとも言う)ですが、そんな娘は今年25mバタフライに合格してすごいなと思っていたら、50mクロール、50m平泳ぎ、50m背泳ぎを合格しました。

今日は50mバタフライのテストだったのですが、僕が帰宅したら娘は、「合格したで〜」と言ってきました。自分の娘の可能性を信じていましたが、まさか小学一年生で50mバタフライなどの4泳法全て合格するとは思ってもみませんでした。

次はタイム計測だそうです。

自宅での教育は、「頑張らないこと」「力まないこと」「楽しむこと」を徹底的に教えています。

力んでいたら自分で力んでいることを認識させ、力まずにうまくできるように誘導しています。

あとは、危なっかしいことをしていても、口を出さずにほったらかしにすること。親が子供の可能性を制限してしまうことが多いので、

「危ないから辞めなさい」

ということは言いません。他人に危険が伴う場合は別ですが。

ご飯の食べ方など、日常の躾、会話の中から、無意識での身体の使い方で身体が緊張する癖がつかないように育てています。

『身体の使い方』という身体の原則を教えていることが、娘の成長に役立っていることが確認できました。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 20:18| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

身体をゆるめる

身体をゆるめる

「身体をゆるめると良い」

という言葉は知っておられる方は多いでしょうし、その方法論も本を読んだり、インターネットを活用すれば分かります。

でも、そういう本を読んだり、インターネットを見て実践してみても、結果が出ないことがほとんどです。

ダイエットをする時にも色んな情報を収集し、無料でも結果を出すことも可能です。

我々パーソナルトレーナーは情報を提供することも一つの仕事ですが、それよりも数多くある情報の中から、各々の局面に応じて情報を集約し、その局面において最も大切だと思える情報を提供することが大切です。

それには、その運動をするための目的が明確化していなければ、運動を継続する動機がなくなってしまい、結果的に「指示した運動をやってくれないから結果が出ない」と嘆くことになります。

「やる気を出してください」

「元気があれば何でもできる」

「情熱を持ちましょう」

と、抽象的な言葉を投げかけても相手はその場凌ぎの反応しか示してくれません。相手が腑に落ちる論拠を示すことが必要です。

冒頭の身体をゆるめると良い。

は、例えばウォーキングで脚が前に出る局面では、ほとんどの人が、腰やお尻、太ももの裏側がストレッチされず、最大に脚が前に振り出されません。

その要因として、身体の前面の緊張があげられます。お腹がゆるむと、骨盤は後傾(丸くなる)し膝が上がりますが、ゆるまっておらずに緊張していると、窮屈になり脚が出るのではなく、脚を意図的に出す。になってしまいます。

こういうことを見本で示しながら、お腹をゆるめることの大切さを説明し、お腹がゆるまらなければ、力で意図的に脚を出すしかなくなることを理解していただきます。

そういう問題点を自身で発見していただき、問題解決のための手段を駆使できるようになっていただくことで、最終的には自立していただく。

そういう道を作っていきたいと思っています。

ボディケアトレーナー養成のご案内はこちら
http://blog.livedoor.jp/shingo_yamazaki_info/archives/1170475.html


2010年01月22日

運動指導と認識

自分のやっていることに再現性を持たせるのであれば、無意識から顕在意識にあげて「自分のやっていることは何なのか?」を認識する必要があるとお伝えしていますが、

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない」

と、イチロー選手の言葉にもありました。イチロー選手は、こうも発言されています。

「どうやってヒットを打ったのかが問題です。たまたま出たヒットでは、何も得られません」

これは考えながらやるという意味ではなく、感じながらやるということであり、人間本来備わった精妙な身体を作り出すのに必要なことです。

オリンピックでも10代という若い時期に金メダルを取った選手が、その後は伸び悩むという現象が多く起こっています。もちろん、達成感を味わってしまったことで競技に対する意欲がなくなったというメンタル要素もあるでしょうが、

「自分の身体で起こっていることを認識できていない」

ということも、再現性がなくパフォーマンスが低下する要因になっていると思います。

そういう点ではイチロー選手やダルビッシュ有投手も、自分のやっていることを認識し、左手でカーブを投げたりと工夫されているので、大きく崩れることがあまりない選手なんだと思います。

つまり、自分自身身体で起こっていることを認識する、身体を感覚させる訓練が必要なのでしょう。

ただ、身体を動かすのではなく、認識という作業が伴った運動を指導させていただきます。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:11| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

相手への批判

今日も稽古でしたが、散々「力が入り過ぎですよ」と年上の相手の方にお伝えし、間違っていることを指摘させてもらいました。力が入り過ぎていたら、お互いに目的としている稽古にならないからです。

他人の批判をするということは客観的視点に立って自分の思考や行動との比較ができますから、立ち位置を認識する上で必要なことだと認識しています。

それは、相手のことが嫌いとかいう幼稚な感情ではなく、その現象に対する批判であり、そこには癖を修正するという発展性があります。

相手が間違っていることに気付いていないなら、指摘して改善されることが相手との関係を深める上で大切で、自分のことしか考えない、またほったらかしにするのは無責任だと思います。

もちろん、指摘している自分は全て正しいわけではないので、相手の意見を聞き入れる姿勢が必要なのは当然だということは言うまでもありません。

ただ、批判というのは内々で楽しんだ方が気持ち良い人が多いようです。

若いトレーナーさんは、そういう大人にならないことを願っています。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 02:47| ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

昨日の日記

昨日はボディケアの仕事。

このボディケアの仕事はお金を稼ぐことが目的ではなく、経験を積むこ
と、技術レベルを高めることを目的としています。

僕の順番が回ってきましたが親子で来られている方で、母親が60代のベ
テランにつかれて娘さんが僕につかれました。ベテランの方は「気難しい
というか、揉みにくい身体やで」とプレッシャーをかけてこられます。

そんな難しい人を相手にして、お客さんがどんな反応をされるかが実力を
測る客観的な指標となります。若い女性は警戒心が強い人が多いので、な
かなか安心してくれませんが、開始15分ほどでお休みになられたことが
確認できました。

お休みになられているので「強さはこれぐらいでいいですか?」など確認
できませんが、身体が「これぐらいで良い」と言っているので、相手の身
体に合わせた強さで触るだけですみます。

この後は足のサイズがおそらく30cmあるであろう、足つぼのお客さん
が来られましたが、同様に15分ほどでお休みになられました。

日曜日の遅い時間からの出勤でしたので、このお二人を触って仕事は終わ
りました。

ここまで来れたのは、ボディケアの仕事を始めて3ヶ月が経過したぐらい
からです。やはり身体を触る経験を積んできたとしても、最初からうまく
いくことは難しいので、経験を積むためにあと9ヶ月ぐらいはこの仕事を
続ける予定です。

==============
■ ボディケアトレーナー養成スクールのご案内はこちら
http://blog.livedoor.jp/shingo_yamazaki_info/archives/1170475.html
==============


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 16:23| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

バンド1本で痩せる 巻くだけダイエット

■ ボディケアトレーナー養成スクールのご案内
只今、続々申込中です。

http://blog.livedoor.jp/shingo_yamazaki_info/archives/1170475.html

ウエストサイズを細くする方法を発見しました。このベストセラー本がヒントにもなったようです。

書店に行くと大々的に売り出しています。僕は中身をパラパラと読んだだけですが、最近、バンドというか、ベルトを活用すると部分的に痩せることを実感することがありました。

どこの国だかわかりませんが、テレビで極端にウエストの細い女性が映っていましたが、ベルトを巻けば痩せるというわけではありません。

ベルトに抵抗して圧を加えるのではなく、お腹を凹ませるのではなく、ベルトにお腹がぶつからないようにゆるめる。

ベルトがあると、それだけでお腹への意識(無意識)が向きます。意識が向いたら、その後に起こる『反応の教育』をする必要があります。

反応の教育を例にあげてみます。例えば目の前にいる相手から殴りかかられたとします。すると、一般の人は「うわっ」と後ろにのけ反りますが、ボクシング選手なら状況に応じて色んな反応ができる必要性があります。

いつも同じ反応をしていたら、相手に予測されてやられしまうからです。

ベルトに話を戻すと、一般的には無意識の癖としてベルトを押し返すという癖のある人、お腹を凹ませるという人が多いです。

ベルトを押し返す癖のついている人は、お腹が常に脹らんでいることが想像できると思います。では、お腹を凹ませて何が良くないのかというと、お腹にせよ、どの部位にせよ、緊張の持続は血流不全を招くからです。

美しいというよりも、ただ固めているだけ。それが、インナーマッスルとかアウターマッスルとかは関係ありません。緊張を持続していると、内臓も緊張してしまいます。

つまり、身体に凹ませる癖が身に付いてしまうと、長期的な副作用の起こる可能性が非常に高いわけです。

ベルトという圧力がかかるとウエストを感じやすくなります。そこに、ウエストをゆるめる身体の使い方の癖付けをすると、お腹はゆるみながらパンパンに張らないお腹になることでしょう。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 16:28| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

トレーナー育成

僕はついこないだまで、株式会社オージースポーツ、コスパという店舗展開をしているフィットネスクラブの本社(人材開発部)に勤めていましたが、今年1月に独立しました。

社内でパーソナルトレーニングのようなことを継続的にさせてもらったこともありますが、違うフィットネスクラブで活動するのは初心者です。出張では継続的に受けてもらっていましたが、パーソナルトレーナーとしての経験は浅いと言えます。

オージースポーツでの仕事のほとんどが、社員やスタッフの方々に研修をすることでしたので、「他人の能力を高める」ということに関しては共通点があります。

パーソナルトレーナーとして活動を展開していきますが、多くの人を対象とした合理的な身体の使い方をお伝えするスクール(教室)も関西で開催していく予定です。

決まり次第、告知させていただきます。

また、僕が仕事として施設に入っているボディケアの技術提供をさせていただく、トレーナー向けのスクールをご用意しました。

スポーツマッサージとは違い、押し方、揉み方にも、武術的要素が盛り込まれており、そのあたりは他で教わる機会はほとんどないと思います。

僕は7年前、整形外科のリハビリテーション室で1日40名ほどの方のボディケアを提供していましたが、今から思うと「よく、あんな技術で人の身体を触っていたな」と申し訳なく思います。

今、トレーナーとして活動していて、当時の僕と同じような状況にある方や、新たな技術を習得したい方はご検討ください。


【お知らせ】

ボディケアトレーナー養成スクール(入門編)開講のご案内を
アップしました。

http://blog.livedoor.jp/shingo_yamazaki_info/archives/1170475.html
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 07:08| ◆ご案内事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

比較

僕は過去の自分とよく比較をします。

例えば、球速アップ。高校生の頃まで野球をやっていましたが、ボールを
投げたらシュート回転して、硬球でも球速120kmも出ていませんでし
た。

卒業後は草野球すらやっていませんが、軟球で球速131km/hまでき
ました。課題が見えているので、自己記録を更新できる日はそう遠くない
と思います。

体重も86kg(身長176cm)でしたが、今は73kgぐらいです。
今年はもうちょっと減らします。

運動劣等生だった過去のコンプレックスをなくしたい思いが、取り組み続
ける原動力の一つだと思います。

また、子供の頃からの片頭痛持ちでしたが、これも悩まないようになりま
した。腰椎椎間板ヘルニアと診断されるぐらい腰痛もひどかったですし、
肩の痛みもありました。それが今は痛みによる悩みはなくなりました。

便秘気味でしたので、3日ぐらい出ないことは当たり前でした。これも数
年間に渡る実践研究により、要因を追求し今では毎日快便です。

他にもありますが、これぐらいに控えておきます。

今ではそんな過去の自分がかわいく思えますが、当時は必至にもがいてい
ました。これらの他にも課題はまだまだありますが、できない今を楽しめ
るようになってきました。

他人と比較すると、圧倒的な差があるかといえば、そこまでのレベルに
至っていませんが、視力回復を除いては身体の悩みを自分自身で変えてこ
れました。だからクライアントのみなさんにも、目標を諦めずに取り組ん
でいただきたいと願っています。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 09:25| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンケートご協力のお願い

「今年は成長を加速させたい」と思われている方のご意見を伺いたいので
すが、アンケートにご協力いただけるとありがたいです。

アンケート
http://form.mag2.com/rousliueas

手間はあまりかかりませんので、お時間のある時にでもご協力いただける
と嬉しいです。

よろしくお願い致します。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:20| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

お腹は凹ませない

走っていて再確認できたことがあります。

それは、内臓あたりの緊張を取らなければ背骨が動かない。つまり、走るのに内臓あたりでブレーキをかけている。

緊張が強くなると、その箇所をゆるめやすくなります。

たまたま内臓あたりの緊張が強くなったので、その緊張を取りながら走ってみると背骨が動く動く。

僕は元々、美しい姿勢を作るために「お腹を凹ませてください」という運動指導は一切しませんが、最近は内臓あたりを意識的にゆるめることを行ってこなかったので、以前からの癖でお腹を固めてしまっていたようです。

特にみぞおちや下腹の緊張を取っていくと、背骨の動きが格段に良くなり脚が勝手に振り出されます。

お腹は凹ませるのではなく、ゆるめましょう。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:26| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

圧と痛みと体型の関係

今までのべ1万人程度の方々の身体を触らせていただいてきたり、自身の身体も観察してきましたが、不調になるとパンパンになる(圧がかかっている)状態になることが多いようです。

赤ちゃんや幼児の身体はカチカチではなく、表面に圧がかかっていません。腰が痛い方は腰や尻、大腿、下腿などのいずれかがパンパンに張っています。

下半身が太いと悩んでおられる方も、単に脂肪の量が多いだけではなく、圧がかかりすぎていてサイズが大きいこともあるようです。

※これらはあくまでも自身が人の身体を触ってきた経験による私見です。


その圧を軽減すること、圧がかからない身体の使い方を習得することが、痛みや体型を改善していく一つの方向性だと確信しています。

一時的に圧を軽減する方法はいくつもあり、今のつらさを軽減するという目的で身体を触ることも多々ありますが、本来の目的は根本的に圧がかからない身体を作ることにあります。

もちろん、個人に応じた状態を観察して身体を触りますので、圧を軽減するかどうかは時と場合によります。ボディケアを望まれる方は、ほぼ全員と言って良い程、悩みのある箇所周辺に圧がかかっています。

※2度目ですが、これらはあくまでも自身が人の身体を触ってきた経験による私見です。

僕も残念ながら、首や側頭部、歯茎、顎あたりに圧がかかっている場合があります。その要因を探ってみると、圧をかけてしまう悪い癖があることを発見できました。

この癖を修正しはじめたことで、最近は違和感が減ってきました。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:02| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

山崎真吾のパーソナルトレーニング

明けましておめでとうございます。

今年もお付き合いいただけると嬉しいです。

さっそくですが、僕は全身のボディケアも施しています。

施術中は8割程度の方が眠られますが、眠られる前と眠られた後に施す内容はやや異なります。

起きておられる時には、たいていお客さんに満足してもらうためにギュッと押したり揉んだりします。「あ〜効いてる」と実感することがお客さんの目的であることが多いため、その目的をかなえることで満足されて眠りにつかれます。

その後に施す内容が異なります。眠られているので「あ〜効いてる」は必要ありません。

ここからはちょっと難しいかもしれませんがお付き合いください。

眠っておられるので、お客さんの無意識に起こる身体の反応と施術側が協調することで、お客さんの身体はゆるみます。

また、お客さんを触ることで無意識下でのゆるむ教育を身体に行っています。

私たちは無意識のうちに相手に触られると「ピクッ」という反応をします。このピクッという反応は生体の防御反応として肯定されがちですが、決して肯定すべき反応ではありません。

以前、イチロー選手が突然他のチームの選手に後ろから押されたのはいつだったでしょうか?押された時のイチローの反応はピクッではなく「押されるがままに動いた」ということでした。

つまり、相手の押しに対して力でぶつからずに、「相手の力と同調した」ということになります。

しかし、人間にはピクッとする反応が後天的に無意識レベルで身に付いてしまっているので、通常なら押された力に対して押し返すという癖が反応してしまいます。これがたいていのケガの要因だと僕は考えています。


施術の際には無意識レベルの身体へ教育していくので、眠っておられる場合の方が好都合の場合もあります。

そういう身体に変化していくと、咄嗟に足首を捻った際にも、ピクッとせずに身体に無理のかからないよう無意識レベルで自分の身体が動くようになっていきます。

これはボディケアという技術の裏側にある背景ですが、普段自身では無意識での身体の使い方をなかなかコントロールできないので、施術によって身体を教育することを行います。

ただ「気持ち良い」というだけでは、1時間6300円(税込)はいただけません。今年から独立しましたので、パーソナルトレーニング(リラクゼーション)を出張でもフィットネスクラブ内でも行えます。

お申し込み、お問い合わせはこちらまでお願い致します。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 03:44| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。