2009年01月23日

マネジメント研修

今日は日記です。

昨日、今日と泊まりでマネジメント研修を受けてきました。

内容は『自分が部下に対して話す』場面や、『グループで意見を出し合い解決する』というシミュレーションでしたが、自分の姿をビデオに映して客観的に見れることが収穫でした。

自分の評価と他人の評価がほぼ同じだったことから、

「ある程度、自身の姿を客観的に観ることができている」

ことがわかり、少しは成長できていることが実感できました。

一緒に参加されていた人は、ほとんど年上だったのですが、誤魔化すことはできても正面から向き合われてなかったので、面接の場面では相手から突っ込まれると“しどろもどろ”の対応をされていました。

また、50代講師の方は立派なことを述べられるのですが、言葉が軽いので伝わってきません。

その点、定年退職をされている数名は言葉は少なくても、自分の言葉で話されていたので、話していて心地良かったです。

こういうマネジメントを学んでいても、仕事の場面で役立つ人は少ないでしょうが、「自分の姿を客観的に見ることは必要」だと実感できました。

気付きがあっても、それを日々の言動に落とし込まなければ意味がなくなってしまうので、客観的に見る機会を設けるようにします。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 19:51| Comment(2) | ◆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕もmixiの日記に書きましたが悩み事も悩んでることに気付いて何でやろう?と向き合うことで解決しました。

問題と向き合う…
わかってたつもりがわかっていないことにも気付けました(笑)
Posted by 元ボクサー at 2009年01月23日 21:29
元ボクサーさん、今の時代は向き合う必要が無くても生きていけるというのが問題を大きくしてるような気がするね。
いつの間にか生ぬるい環境に浸かってたと気付くのはしょっちゅうやわ笑
Posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 2009年01月24日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。