2009年12月27日

フィットネスビジネスを学ぶ

今日はコンサルタントの魚井幸生氏とお会いしてきました。いつも、僕の可能性、フィットネス業界の可能性に気付かせてもらえるのですが、今日も鼻から牛乳が飛び出てしまうぐらい、オモシロいお話をしていただけました。

僕は運動指導や身体調整という手段を用いて、クライアントさんの目的が達成できるように導く立場ですが、僕が目的を達成するのではなく達成されるのはクライアントさん自身です。

でも、クライアントさんは目的の達成の仕方がわからない。例えば、ダイエットを成功させたいと思っていても、何度も失敗していたりリバウンドを繰り返していて、「どうすれば良いのか分からない」となることもあるでしょう。

そうして暗闇の中にいて目的地が見えなくなっている人に対して、懐中電灯の光を当てる役割もパーソナルトレーナーには求めれると僕は思っています。



魚井さんからビジネスのお話をしていただくのも同じことが言えます。

僕のようにフリーランスになって活動を始める人間にとって、成功の経験がないことをする視界の先は、暗闇になることもあります。

まず、運動をするにもベースとなる基礎知識などが備わっていたり、偏らない俯瞰的な考え方が必要なように、ビジネスも基礎知識やそれを応用する能力が必要となります。

それらを体系的に学んだこともなければ、実践的に取り組んだとしても低い次元での「自分なり」になっています。

武道にしてみても日野晃先生から学ばなければ、自分なりの範囲を抜け出せず自己満足で人生を終えていたかもしれないと思うとゾッとします。

それがビジネスでも同じことだと思うのです。しかし、学ぶ先を間違えると意味がないので、僕は自立することを導いてもらえる魚井幸生さんから学ぶことにします。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:56| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。