2010年01月01日

山崎真吾のパーソナルトレーニング

明けましておめでとうございます。

今年もお付き合いいただけると嬉しいです。

さっそくですが、僕は全身のボディケアも施しています。

施術中は8割程度の方が眠られますが、眠られる前と眠られた後に施す内容はやや異なります。

起きておられる時には、たいていお客さんに満足してもらうためにギュッと押したり揉んだりします。「あ〜効いてる」と実感することがお客さんの目的であることが多いため、その目的をかなえることで満足されて眠りにつかれます。

その後に施す内容が異なります。眠られているので「あ〜効いてる」は必要ありません。

ここからはちょっと難しいかもしれませんがお付き合いください。

眠っておられるので、お客さんの無意識に起こる身体の反応と施術側が協調することで、お客さんの身体はゆるみます。

また、お客さんを触ることで無意識下でのゆるむ教育を身体に行っています。

私たちは無意識のうちに相手に触られると「ピクッ」という反応をします。このピクッという反応は生体の防御反応として肯定されがちですが、決して肯定すべき反応ではありません。

以前、イチロー選手が突然他のチームの選手に後ろから押されたのはいつだったでしょうか?押された時のイチローの反応はピクッではなく「押されるがままに動いた」ということでした。

つまり、相手の押しに対して力でぶつからずに、「相手の力と同調した」ということになります。

しかし、人間にはピクッとする反応が後天的に無意識レベルで身に付いてしまっているので、通常なら押された力に対して押し返すという癖が反応してしまいます。これがたいていのケガの要因だと僕は考えています。


施術の際には無意識レベルの身体へ教育していくので、眠っておられる場合の方が好都合の場合もあります。

そういう身体に変化していくと、咄嗟に足首を捻った際にも、ピクッとせずに身体に無理のかからないよう無意識レベルで自分の身体が動くようになっていきます。

これはボディケアという技術の裏側にある背景ですが、普段自身では無意識での身体の使い方をなかなかコントロールできないので、施術によって身体を教育することを行います。

ただ「気持ち良い」というだけでは、1時間6300円(税込)はいただけません。今年から独立しましたので、パーソナルトレーニング(リラクゼーション)を出張でもフィットネスクラブ内でも行えます。

お申し込み、お問い合わせはこちらまでお願い致します。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 03:44| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。