2010年03月02日

先のことを予測する習慣

twitterでイチロー選手の名言botから毎日送られてきます。
※イチロー選手の明言は「@Ichiro_Meigen」で検索できます。

今日は、

「常に、先の事を予測する習慣をつけることは、大事だと思います」

が届きました。

山崎twitterはこちら


厳しい言い方かもしれませんが、怠惰な日常を送っている人は、将来、生活習慣病にかかってしまう可能性が高いです。常に先を予測した行動を取っていれば回避できることなのかもしれません。

twitterは現在、日本人の約8%が利用されているようです。4月には、瑛太、上野樹里らが主演のtwitterで出会うドラマが放映されますから、おそらく4月〜6月頃、爆発的に利用者が増えるでしょう。

ここに参加されているフィットネス業界関係者は案の定少なく、フィットネス業界全体が閉鎖的だということがこの一例を見ても分かります。

twitterを使ってビジネスを展開しようと思っても、パイが拡大してからでは当然遅いので、パイが拡大することが分かっているなら、その前から準備しておく必要があるのではないでしょうか?

ヨガにしても、需要が急激に拡大する前からインストラクターの資格を取得されている方は今も仕事に就けていますが、最近取得された方は、仕事に就くことが難しいと聞きます。

それはイチロー選手の発言にもあるように、

「常に、先の事を予測する習慣をつけることは、大事だと思います」

の大事さに気付いていないからなのでしょう。

これからは『身体の使い方』が注目されます。何故なら、本当に身体が変わるからです。

デフレスパイラルに陥ると、消費者の見る目が肥えてきて「本当に良いもの」しか選択しないようになることは、歴史から見ても明らかです。

もちろん流行りものではなく、こうした『身体の使い方』は日本伝統の文化であり、受け継がれていくものだからです。

自分なりに考えついた身体の使い方ではなく、伝統の文化という裏付けのある『身体の使い方』を学ぶ教室を用意しています。

〜合理的な身体の使い方を身に付ける教室〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら

posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 15:13| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。