2010年03月03日

浅田真央選手、キム・ヨナ選手オリンピック総括

昨日、NHKスペシャルで浅田真央選手とキム・ヨナ選手の特集を見ました。最高におもしろい番組でした。

まずは浅田真央選手。じっくり観ましたが、完全に集中して真央ちゃんから、真央さんへ進化されていました。SPとは、全く違う浅田真央選手を観ることができました。

浅田真央選手がこの1年ほど、うまくいかなかった背景が紹介されていましたが、技と技の間の「繋ぎ」の部分の難易度を高めたことが、ジャンプの技にも影響を与えたようです。

繋ぎの演技をすることにより、ジャンプの助走が少なくなり、意識もジャンプへ切り替えが難しくなる。

プログラムを構成して、まだ身に付いていない状態が続いていましたが、そこはさすが浅田真央選手。

直前の四大陸選手権までに克服し、バンクーバーオリンピックでは最高のパフォーマンスを発揮されました。

しかし、そんな最高の集中力を保っていた浅田真央選手も、ジャンプで失敗がありました。その時の心境を語っていました。

「このジャンプであと9点もらえると思ってしまった」

と、雑念が入ったことにより、力んでしまわれたようです。

キム・ヨナ選手が滑った後の大歓声を聞きながらの演技だったのですが、「何故、音楽を聞いていたのですか?」との質問に対して、このように答えていました。

「周りの空気を自分の身体に入れないようにしていた」

こういう事前の準備もあり、最高の集中力を発揮し、トリプルアクセル成功、表現された滑りへと繋がったのでしょう。

ただ、金メダルへかける思いは、キム・ヨナ選手が上回っていたと思います。このオリンピックでキム・ヨナ選手は引退するとのこと。

それは、韓国国内のプレッシャーが凄まじいからだと思います。テレビや新聞などのメディアに持ち上げられ、金メダルを取る以外の道を選択することを許されない環境。

そんなプレッシャーが、キム・ヨナ選手を練習の鬼へと駆り立てました。

浅田真央選手への期待は、前人未到のトリプルアクセル3回成功、浅田真央選手らしさを発揮して欲しい。それで、金メダルを取れたらなお良い。

そういう国民性の違いもあります。

キム・ヨナ選手サイドは、金メダルを取るための構成、審判の研究など、浅田真央選手の陣営よりも研究されていたのでしょう。

フィギュアスケートは、スポーツの要素だけでなく「魅せる」という表現の要素も大きいので、我々は引きつけられるのだと思います。

ただ、ジャンプを飛べば良いだけでなく、ただ、柔軟性があれば良いだけでないから引きつけられる。

浅田真央選手はフィギュアスケートという道を追求している求道者に見えます。金メダルを取ることを第一に考えるのではなく、難しい課題にチャレンジする精神。

僕はこれらの全てに惹かれているので、浅田真央選手には今の延長線上で進化していただきたいと願います。

〜合理的な身体の使い方を身に付け、特に姿勢、歩行を変える教室〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 13:03| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。