2007年05月23日

首の痛みと気付き

お気に入りに追加!
人気ブログランキングに参加しています。皆さんのご協力でやる気倍増です!
人気ブログランキング  ブログ村

ポチっとご協力ありがとうございます。


先日、ヨガの3点倒立?の練習をしており、首を痛めてしまいました。
痛めるといっても他人にはわからないくらいの範囲ですが、本人には随分と不快感があります。
でも、この痛みでいろいろ気付かされたこともあります。

例えば人差し指のしびれ感が出てきました。
以前の私(3〜4年前)の思考回路なら、
「これは、首を痛めたからしびれが出てるな!」
という発想になり、
「神経を痛めているんじゃないか!?」
「整形外科で牽引してもらわなあかん。」
なんて思ったでしょう。

ここ数年では考え方が変わり、
「しびれが出ているということは、どこかで血流がストップしてるんやなぁ。」
「どこやろ!?」
と考え、探るようになりました。

こういう場合は特に脇の下(大円筋)や上腕三頭筋あたりの緊張が激しく、その場所をつまむとビックリするくらい痛みますが、今回もしびれが消えました。
腰の坐骨神経痛、ヘルニアの痛みも今回のように
『血流が悪くなっていることによるしびれ』
だと、私は思います。
※一般的な医学では、言っていることが違いますので、あくまでも私の感覚として受け止めてくださいね。

別の発見もあります。
首の痛みがあるので肩周りを触っていると、自分の筋肉の柔らかさに驚くのです。
今までは肩こりがひどく、筋肉が骨化しているような感覚でしたが、今日肩を押さえてみたら、“むにゅ”っと指がめり込みました。
これには自分自身で驚きました!

私は自分自身がビックリするくらい身体がゆるんできましたが、私よりゆるんでいる方も身近にいらっしゃいます。

Inohaさんの上腕、前腕は私より柔らかく、“むにゅ”っとしています。
それに腕や手がめちゃくちゃ温かいです。
こんな手で触られると、そりゃゆるみます。

『整体武術心道』津田啓史先生の前腕を掴んでも、骨に当たる感覚がありません。
掴んだこちらの手がゆるみます。

普通、武道では痛みを発生することが多いのですが、津田先生のところで教わっている『心道』では、身体のハード面変化の必要性を説かれており、剛で相手を倒すことを目的としていないので、投げられても気持ちいいんです。
こんな武道は初めて出会いました。

この技を誰かに使うとか、そんなことを目的としているのではなく、武道を学ぶことで身体の使い方の勉強、心も持ち方の勉強、そのハードに至る過程のお話を聞くことが出来るので貴重です。

気分次第で運動するのではなく、運動が習慣になることや意識の習慣化でハードが変わることがわかりました。
首が痛くなってくれてありがとう。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:56| Comment(8) | TrackBack(1) | ◆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もよく左の首が痛くなり左の指とかしびれがでます。一般的常識では首のところで神経圧迫があり・・・でしょう。しかし私の場合も上腕三頭筋の硬化による血流阻害のせいです。ヘルニアになられた方も痺れは腰の痛みと無関係でした。何が常識なんでしょうね〜
Posted by リーンボディズ at 2007年05月24日 12:55
リーンボディズさん、まず勉強しようと思ったら教科書や本を読みますから、こうした常識を疑うことはないでしょうね。
常識を疑っている僕達がおかしいのかもしれませんが、自分の身体の感覚が、
「教科書に載っていることとは違うよ。」
って言ってますよね〜。
僕やリーンボディズさんは、自分の感覚や経験も伝えるトレーナーのようですね。
Posted by 魂はパーソナルトレーナー at 2007年05月24日 20:43
魂さんに言われて、前腕の柔らかさに気付きました笑。
ちょっとはゆるんできたのかなあと最近思います。まだまだ課題は多いですが。
机上の勉強だけでは分らないことがありますがそれがまた面白いです。
Posted by inoha at 2007年05月24日 21:39
inohaさん、先日前腕や上腕を触って驚きました。短期間でよくここまでゆるみましたね。
松本先生の直接指導を受けたことが大変化をもたらしてくれたのでしょうね。
これからも自分の身体を変えながら、同じビックリを多くの方に伝えられるようにしましょうね。
Posted by 魂はパーソナルトレーナー at 2007年05月24日 22:31
痛みの話を以前の会合でお聞きし、勉強会でさらに教わることができたことで、「痛み=どこかが力んでいる=うごきや姿勢に課題がある=うごきを改善せねば」と考えるようになりました。
痛みとは向き合うことでいろんな気づきを与えてくれるということを、ほんとうに感じます。
貴重な情報を提供していただいて、ありがとうございます。トレーニング指導でも大変役にたっています。
Posted by 武田 at 2007年05月25日 16:06
ご無沙汰しています!月曜日から腰痛に苦しむdieticianです(苦笑)

休みなしで働きづめだった2週間…そして待ちに待った12日ぶりの休日は保育園の友達を家に呼ぶのに張り切って大掃除…つい夢中で重い荷物をアチコチ運んだり、中腰で掃除機かけまくりました…
腰を酷使した翌日には、とどめに23キロを超える我が子を抱っこで歩いたもんで…翌月曜日には想像以上にひどい腰痛で…体力には自信があったので自分で驚いています
いつもと痛みが違うので病院にいったところ、筋肉疲労からくる筋痙攣だそうです…(^^;
でも、自分が腰痛になったおかげで、座位でのストレッチが非常に辛いことがわかりました(涙)
今までは何気なく前にたってやってたプログラム…どんなに腰痛に効果的なストレッチでも、今現在腰痛の人にとっては苦痛な体位でじっくり時間かけて伸ばしていた気がしました□\(-_-)
ある意味勉強になりました…(^^;

医者からは安静といわれてますが、かばい過ぎて何だかかえって腰が重い!
難しいところです(苦笑)
Posted by dietician at 2007年05月25日 21:11
武田さん、僕は運動神経が鈍く、身体がガチガチだったので、修正すべき箇所がたくさんあって恵まれています。
最近は痛みが発生すると不快感もありますが、嬉しい気持ちが勝ってくれます。気付きをありがとうという感じですね。
Posted by 魂はパーソナルトレーナー at 2007年05月25日 21:37
dieticianさん、トレーナーとして痛みを味わうことが重要なのではないかと思います。僕は高校生の頃から腰痛に悩まされてきたので、腰痛歴は10年以上になります。
じっくり自分の痛みと向き合った結果、腰痛とサヨナラすることができました。
今は大変でしょうが痛みの発生は自分が成長できるチャンスですね!
Posted by 魂はパーソナルトレーナー at 2007年05月25日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42706984

この記事へのトラックバック

コンビニフィットネス
Excerpt: コンビニフィットネス
Weblog: コンビニフィットネス
Tracked: 2007-05-25 13:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。