2007年09月27日

松下さんの生き方を学ぶ

お気に入りに追加!
人気ブログランキングに参加しています。皆さんのご協力でやる気倍増です!
人気ブログランキング  ブログ村

ポチっとご協力ありがとうございます。


本田健さんの本を読んでいて、感動する文章がありました。
是非、みなさんにも感じていただきたいと思いましたので、ご紹介致します。

きっとよくなる(本田健/サンマーク出版)から抜粋しております。

〜転載開始〜
喜び上手になる
幸せに豊かに生きている人は、みな人間関係の達人です。
彼らは、仲のいい友人、家族や楽しく仕事をする仲間、感謝してくれるお客さんに囲まれています。人を大切にしている彼らは、与え上手であり、喜び上手でもあります。
私がとても感動した、松下電器の創業者・松下幸之助さんのエピソードをご紹介しましょう。
ある中小企業の社長さんが新幹線の中で、松下幸之助さんに出会ったそうです。前々から松下さんのファンだった社長さんは、話しかけてみようと思いました。しかし、きっかけが見つかりません。
そこで社長さんは、売店でみかんを買って、松下さんのところへ挨拶に行きました。「松下さんですよね。すごく尊敬しています。みかんでもどうぞ」って渡されたそうです。
松下さんは、「あっ、みかんですか。ありがとうございます」と頭を下げられました。
先に降りることになっていた松下さんは、降りる直前に、わざわざ社長さんの席までいらっしゃったそうです。
「みかん、ありがとうございました。車中でのどが渇いていたので、本当に助かりました」といわれたそうです。
社長さんは、もううれしいやらありがたいやら、こんな大成功者が、わざわざお礼をいいにきてくださるなんて、感激して涙があふれそうになったそうです。
で、松下さんがもう一度「どうも、ありがとうございました」と深々と頭を下げられて、新幹線を出られたんです。
「なんてすばらしい人なんだろう」と、社長さんがふっと外を見たら、列車が出ようとしているときに、松下さんが社長さんに向かって、深々とおじぎをされていたそうです。
それを見て、社長さんは感極まって泣いてしまいました。そして会社に帰るなり、電気屋さんを呼んだそうです。
「うちの会社にある電気製品を全部チェックして、松下以外のものはすべてはずして全部松下にしてくれ。自宅も松下にしてくれ」
それ以来、パナソニックの製品以外は買わないように、この社長さんは決めたそうです。
松下さんは、何をしたかというと、お礼をいっておじぎをしただけです。けれどもそれ以上のことをしたわけです。
成功している人は、こういうことをテクニックでやっているわけではありません。人を大切にしたり、心から喜ぶという生き方が楽しいし、幸せだと思っているからです。
松下さんは、ただ心から喜んであげただけなんです。「ありがとう」と気持ちよく受け取って、深々と頭を下げたのは、松下さんの生き方だったのです。
このエピソードを知って、なんてすごい人なんだと思って、私も泣いてしまいました。本人は覚えてもいないような態度が、相手にとっては生涯忘れられないような体験だったりするわけです。
数十年前に松下さんが示した生き方がこの社長さんを喜ばせて、その喜びのエネルギーが増幅されて、いま生きている私たちにまで拡大してきているのです。
相手が喜ぶ姿を見るのは、どんな人でもうれしいものです。男女関係でも、お互いを喜ばせ合えるかどうかは大切な鍵です。喜びを素直に表現できると、知らないうちに幸せが周りの人に広がっていきます。
〜転載終了〜
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆学習 【BOOK REVIEW】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いお話ですね。
僕もその本を買ったのですがまだ読めていません・・・
Posted by 元ボクサー at 2007年09月27日 00:41
元ボクサーさん、僕にとってこの本はたくさんの気付きがありました。
是非、すぐに読んでみてください。
Posted by 魂はパーソナルトレーナー at 2007年09月27日 06:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。