2010年03月13日

カツマーと金スマ

『和身塾』エクササイズBOOKが完成しました。

写真 (7).jpg


写真 (8).jpg


写真 (9).jpg


また、自宅エクササイズ用DVDもいのQエンターテイメントのご協力により完成しました。

写真 (10).jpg


ちなみにいのQエンターテイメントとは奈良のパーソナルトレーナーいのはさんのことではありません。この人です。

IMG_0222.jpg


明日、初回の『和身塾』大阪教室がありますので、「それまでに間に合わせたい」という無茶な依頼に応えてくださってありがとうございました。

僕の他にもパーソナルトレーナーの方やインストラクターの方で、CMとかDVDを作成したい方は、いのQエンターテイメントへご連絡ください。

これで『『和身塾』大阪教室にご参加いただける方々が、教室に参加されない日でもエクササイズを思い出していただけるキッカケができました。

僕もこれらのエクササイズを実践しています。自宅だけでなく出先でも身体を借りて検証作業もしています。じゃあ、どんな検証をすれば良いのか?

も、BOOKやDVDに掲載しておりますので、後ほどご確認くださいませ。


最近、ブログさぼってすみません。めっちゃ気持ちいい毎日を送っていましたので、そちらに時間を割いていました。

リアルな世界へ繋がるためにバーチャルな世界を使っています。そして、リアルな世界が今充実してきているので、みなさんには西川きよし師匠ばりに大目に見ていただけると助かります。



ところで、みなさんカツマーをご存知ですか?

今日、金スマに出演されましたので、ご覧になられた方もいらっしゃると思います。

勝間和代さんのことですが、勝間さんのブログ「水泳愛好者人口を増やすには」というタイトルで『無料お試しテキスト』がダウンロードできます。

特に、競合分析の概念について。僕の競合は他のパーソナルトレーナーではなく、コアリズムだと改めて実感した次第です。フィットネス業界関係者の方は是非ご覧ください。



今回のエクササイズBOOK、DVDは、動初心者の方にお勧めできる内容ですが、僕もここに載せているエクササイズを毎日実践しています。

エクササイズの基本というか、歌手が発声練習をしたり、アナウンサーが早口言葉の練習をしているようなもんです。

エクササイズBOOKは『和身塾』大阪教室3月申し込みをしていただいた方には、無料で特典としてもれなくついてきます。
※3月に参加できず、4月申し込みの方にもお渡しします。


エクササイズDVDは、『和身塾』大阪教室へご参加いただける方々には2,100円(税込)で販売し、『和身塾』大阪教室へ参加できない遠方の方には3,150円(税込)+送料で販売可能です。

〜合理的な身体の使い方を身に付け、特に姿勢、歩行を変える教室〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:26| Comment(13) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

『和身塾』撮影現場

今日は、伊野波さんいのQエンターテイメントさんにご協力いただき、『和身塾』DVD、エクササイズBOOK用の撮影を行いました。

IMG_0222.jpg


エクササイズBOOKは3月の『和身塾』に参加される方、全員に無料でお渡し致します。復習や、ご自宅トレーニングとしてご活用ください。

これを続けているだけでも身体が変わりますので、どんな感じで説明されているのか、サンプルを載せますね。

仰臥位での後面のストレッチ
IMG_0181.jpg


≪エクササイズ説明≫
踵、ふくらはぎ、太ももの裏、腰、背中、腕、手の甲、爪側の指先までを全てストレッチさせます。

≪注意点≫
この時、どこかにゆるみがあるかを確かめながら、ストレッチを行ないます。

≪補足≫
全身の繋がりが分りにくい場合には、まず腰から指先までをストレッチさせ、繋がっている感覚を芽生えさせます。

次に、腰から踵までをストレッチさせ、繋がっている感覚を芽生えさせます。

この両方ができるようになれば、両方を合わせて全身が繋がるようにしていきます。

立位での検証
IMG_0200.jpg


≪画像説明≫
画像のように、背面全てがストレッチされていると、相手は押し返そうと思っても全く歯が立ちません。

この場合は僕の方が筋力があるのですが、DVDでは伊野波さんが背面のストレッチをされて、僕が「受け」をしていますが、全く同じようになります。

このエクササイズは基本中の基本として、常に行っていただきたいと思います。

いわゆる「伸び」の解説をしただけなのですが、伸びを感じる精度によって運動の質が決まります。

より、運動の質を高めたい方は、『和身塾』でこんなエクササイズや検証を一緒にやりましょう!

〜合理的な身体の使い方を身に付け、特に姿勢、歩行を変える教室〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 02:09| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

「身体の使い方の癖」を修正できるストレッチ

浅田真央選手が素晴らしい演技をされましたね。キム・ヨナ選手との違いは、曲の構成だと思っています。動き、表現、ジャンプなど、特に劣っているところは見当たりません。

20100224-00000166-jij_vanp-spo-view-000.jpg


そんな彼女らが表現できる要因の一つに、身体の使い方が根本的に一般人と違うということが挙げられます。これを一般の方も再現できるようになるには、ストレッチから始めることがベストだと思っています。

そして、僕はこれから、「身体の使い方の癖」を修正できるストレッチをお伝えしていこうと思ってます。

既存の発想とは全く異なるストレッチ(スタティックストレッチ)で、何秒やるとか、運動前後とか、全く気にしません。

しかも、ポーズは一般的なスタティックストレッチと比較して、ほとんど変わりがありませんので難しいわけでもありません

このストレッチを行うことが当たり前になっていただくと、いつの間にか「身体の使い方の癖」がなくなり、武道的(合理的)な身体の使い方が身に付きます。

このストレッチをやり続けると、スポーツやダンスの動きが無意識に上達するようになり、トレーナーの方も生理学的な観点だけでなく実践的なストレッチをクライアントにお伝えできるようになります。

つまり、ストレッチによって動ける身体に生まれ変わることになります。

ストレッチのポーズ自体は一般的なストレッチとほとんど変わりがありませんが、その本質は全くと言って良いほど異なります。

フィットネスの場面において、『和身塾』でお伝えするようなストレッチを学ぶ場は、今のところ日本中を探しても存在しないはずです。
※山崎の勝手な予想

おそらく現状では、まれにスポーツ選手で直観的に取り入れている方がおられる程度で、5年後ぐらいには、このやり方(考え方)を取り入れる方も出てくるでしょう。

しかし、日本の伝統文化として存在している武道では、既に取り入れていたんですね。ですので、別に新しいことをするわけではありません。

形は一般的なストレッチと何ら変わりありませんから。

『和身塾』では、このストレッチを惜しげもなく説明し、実践もしていただきますが、2月中にお申し込みいただいた方の特典として、画像、解説付きの『エクササイズBOOK』無料でご提供させていただきますので、復習にお役立てください。

〜身体の使い方の癖を修正し、合理的な身体の使い方を身に付ける教室〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 16:30| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

『和身塾』おまけ動画

『和身塾』のCMとして採用されなかった方の動画です。

『和身塾』おまけ動画

うちの嫁さんから、「美しい姿勢とどう関係あるの?」「これを見て歩き方がキレイになるという想像がつかへんねんけど」

と、グサッと突き刺さるような指摘をもらったので採用を諦めた次第ですが、こういう動画も好きな人がいるかと思いアップすることにしました。

わけわからんかもしれませんが、こういうことは普通できません。
やられている人は、気持ち良い感覚しかありません。

それでは、本家CMもご覧ください。



和身塾へのご参加をお待ちしております。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 01:28| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

コスパ京都リサーチパーク(KRP)セミナー、イベント報告

CIMG5053.JPG


今日はコスパ京都リサーチパーク(KRP)にて『和身塾』KRPセミナー、『美ウォーキング塾』セミナー、パーソナルトレーニング体験イベントを実施してきました。

僕はこのお店のお客さんの雰囲気や取り組み、スタッフのみなさんの関係が好きなので、2時間かけて出稼ぎに出ています笑

その甲斐があったというか、身体を動かすことを楽しみながらも真剣に向き合われている方々と接点を持つことができました。

他のところでも、身体と真剣に向き合われている方との会話はどうしても長くなってしまいます。時間が許す限り、僕も話していたいというか、趣味の延長で仕事をやっているので、そのへんの曖昧さがあるというのは、他のプロの方と違うかもしれませんね。

KRP会員様向けに、『和身塾』KRP教室、『美ウォーキング塾』KRP教室を開催致します。
2月17日(水)、18日(木)は先行予約特典と致しまして、『30分無料パーソナルトレーニングチケット』をつけております。

詳しくは店舗へお問い合わせください。


KRP会員様以外でも、『和身塾』大阪教室を開催致します。
こちらも2月中にお申し込みいただいた方への特典をご用意致しておりますので、詳細を下記のリンク先でご覧いただき、参加してもらえると山崎が喜びます。

〜合理的な身体の使い方を身に付ける〜
『和身塾』大阪教室のご案内はこちら

ご参加をお待ちしております。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:42| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

〜合理的な身体の使い方を身に付ける〜 『和身塾』のご案内



〜合理的な身体の使い方を習得する〜
『和身塾』のご案内です。


≪対象≫
・下半身太りが気になる方
・O脚、X脚、外反母趾の悩みがある方
・骨盤の歪みがある方
・スポーツやダンスのレベルアップを図りたい方等

脚で踏ん張らない動きを身につけることにより、ふくらはぎや太ももが太くならない体質になります。
最も大切な胸骨の使い方をメインにお伝えしましたが、「胸を張って歩く」のとは異なります。
背骨が真っ直ぐ立つことによって、筋肉の余計な緊張を招かずリラックスしているので、動画のような力が発揮できます。

筋肉が縮むと骨が動くように、歪みのほとんどは『筋肉の余計な緊張』によるものです。
この筋肉の余計な緊張をなくして、動ける身体を身につけていただくことが『和身塾』の目的です。

言葉や映像ではなかなかお伝えできないこともありますので、できれば実際に身体に触れていただくことで理想の身体を手に入れることが可能だとお分かりいただけると思います。

入会制度がありますが、いつでもお辞めいただけますので、どうぞ安心してご参加いただければ嬉しいです。

『和身塾』へのご参加をお待ちしております。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:35| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

山崎真吾のパーソナルトレーニング

明けましておめでとうございます。

今年もお付き合いいただけると嬉しいです。

さっそくですが、僕は全身のボディケアも施しています。

施術中は8割程度の方が眠られますが、眠られる前と眠られた後に施す内容はやや異なります。

起きておられる時には、たいていお客さんに満足してもらうためにギュッと押したり揉んだりします。「あ〜効いてる」と実感することがお客さんの目的であることが多いため、その目的をかなえることで満足されて眠りにつかれます。

その後に施す内容が異なります。眠られているので「あ〜効いてる」は必要ありません。

ここからはちょっと難しいかもしれませんがお付き合いください。

眠っておられるので、お客さんの無意識に起こる身体の反応と施術側が協調することで、お客さんの身体はゆるみます。

また、お客さんを触ることで無意識下でのゆるむ教育を身体に行っています。

私たちは無意識のうちに相手に触られると「ピクッ」という反応をします。このピクッという反応は生体の防御反応として肯定されがちですが、決して肯定すべき反応ではありません。

以前、イチロー選手が突然他のチームの選手に後ろから押されたのはいつだったでしょうか?押された時のイチローの反応はピクッではなく「押されるがままに動いた」ということでした。

つまり、相手の押しに対して力でぶつからずに、「相手の力と同調した」ということになります。

しかし、人間にはピクッとする反応が後天的に無意識レベルで身に付いてしまっているので、通常なら押された力に対して押し返すという癖が反応してしまいます。これがたいていのケガの要因だと僕は考えています。


施術の際には無意識レベルの身体へ教育していくので、眠っておられる場合の方が好都合の場合もあります。

そういう身体に変化していくと、咄嗟に足首を捻った際にも、ピクッとせずに身体に無理のかからないよう無意識レベルで自分の身体が動くようになっていきます。

これはボディケアという技術の裏側にある背景ですが、普段自身では無意識での身体の使い方をなかなかコントロールできないので、施術によって身体を教育することを行います。

ただ「気持ち良い」というだけでは、1時間6300円(税込)はいただけません。今年から独立しましたので、パーソナルトレーニング(リラクゼーション)を出張でもフィットネスクラブ内でも行えます。

お申し込み、お問い合わせはこちらまでお願い致します。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 03:44| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

フィットネスビジネスを学ぶ

今日はコンサルタントの魚井幸生氏とお会いしてきました。いつも、僕の可能性、フィットネス業界の可能性に気付かせてもらえるのですが、今日も鼻から牛乳が飛び出てしまうぐらい、オモシロいお話をしていただけました。

僕は運動指導や身体調整という手段を用いて、クライアントさんの目的が達成できるように導く立場ですが、僕が目的を達成するのではなく達成されるのはクライアントさん自身です。

でも、クライアントさんは目的の達成の仕方がわからない。例えば、ダイエットを成功させたいと思っていても、何度も失敗していたりリバウンドを繰り返していて、「どうすれば良いのか分からない」となることもあるでしょう。

そうして暗闇の中にいて目的地が見えなくなっている人に対して、懐中電灯の光を当てる役割もパーソナルトレーナーには求めれると僕は思っています。



魚井さんからビジネスのお話をしていただくのも同じことが言えます。

僕のようにフリーランスになって活動を始める人間にとって、成功の経験がないことをする視界の先は、暗闇になることもあります。

まず、運動をするにもベースとなる基礎知識などが備わっていたり、偏らない俯瞰的な考え方が必要なように、ビジネスも基礎知識やそれを応用する能力が必要となります。

それらを体系的に学んだこともなければ、実践的に取り組んだとしても低い次元での「自分なり」になっています。

武道にしてみても日野晃先生から学ばなければ、自分なりの範囲を抜け出せず自己満足で人生を終えていたかもしれないと思うとゾッとします。

それがビジネスでも同じことだと思うのです。しかし、学ぶ先を間違えると意味がないので、僕は自立することを導いてもらえる魚井幸生さんから学ぶことにします。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:56| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

セミナーとイベント

〜美しい姿勢を身に付ける〜『自宅でできる体操法』を昨日開催させていただきました。口コミからか、前回の3倍の方にお越しいただけました。

実際に体験していただいた方々には意味が通じるのですが、文章ではなかなか伝わらないのでもう少し伝わるように、言葉の勉強しなくてはいけませんね。

〜身体がゆるんで疲れが吹き飛ぶ〜『身体調整体験イベント』も担当させていただきました。お一人様15分と短い時間でしたが、「自分の身体は変わる」ことを実感していただけたようです。

僕は自分が経験してきたことを体系化しているので、『できるようになるための成長過程』が分かります。

あとは、目的地まで辿り着きたいとしましょう。古い地図を見ながら目的地まで辿り着くのは大変ですが、カーナビがついていると目的地まで案内してくれます。

このようにパーソナルトレーニングでは、車を運転されるのはお客さんですが、カーナビのように目的地までナビゲートするのは僕です。目的地までの到達方法が僕自身わからない場合にはナビゲートできませんが。

人からアドバイスをもらったとしても、(車の運転をして)目的地まで辿り着かれるのはお客さん自身です。

パーソナルトレーニングを受けるということは、そういうことだと解釈してみてくださいね。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:04| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

セミナー報告と次回セミナー、イベント開催のお知らせ

〜肩こり、腰痛の要因は身体の使い方にあった〜『痛めない身体の使い方体操法』セミナーを開催しました。

参加された方は少なかったのですが、後天的に身に付いていてしまった『身体の使い方の癖』に気付いていただき、『人間本来備わっている精妙な身体』があることを実感していただきました。

今回お伝えしたことは一度でできることではありませんが、ダイエットが1日で成功しないように、紆余曲折はありますが継続することによって確実に目的としている身体に近付いてきます。

次回は11月28日(土)15:00〜16:00 〜美しい姿勢を身に付ける〜『自宅でできる体操法』と 〜身体がゆるんで疲れが吹き飛ぶ〜『身体調整法』イベントを開催します。

こちらでお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせは、『お問い合わせフォーム』から、携帯からのご覧の方は、pt.tamashii@gma@l までお願い致します。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:52| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

最後の研修

今日はオージースポーツで行う最後の研修でした。研修と同じ会場にオージースポーツPFT養成勉強会があり、アドバイザーの高津諭さんもいらっしゃいました。

僕はオージースポーツに6年間所属してきましたが、これからはパーソナルトレーナーとして独立します。ですので、研修終了後には送別会を開いてもらいました。40名を超える方々が参加していただき、みなさんからプレゼントまでいただきました。

何故か他人事のような感じで送別会に出席していましたが、今日は僕のために集まっていただいたのだと自覚すると、次第にありがたい気持ちが湧き上がってきました。

これからはパーソナルトレーナーとして、みなさんと関わらせていただければ嬉しいです。

ありがとうございました。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:47| Comment(2) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

大阪富田林のパーソナルトレーナーが活動開始します。

山崎の運動指導を簡潔にご説明すると、

『後天的に備わった身体の癖を取り除き、本来持っている精妙な身体の使い方を取り戻す』

ことが軸となります。これは日本伝統文化としての武道を学ぶ上で身に付いた考え方です。



子供が初めて立つまでは幾度となく転びながらも立ち上がる努力をやめません。本来人間は「諦めない」で続けることで、人生が豊かになることを無意識レベルでも知っていますが、後天的に身に付いた思考により「諦める」ことを癖にしてしまいます。

こういう思考の癖までも取り払うことができ、人生を豊かにする手段が武道だと言えます。何も殴り合いをすることが武道ではありませんし、難しく考えないでいただきたいです。

「私には無理だ」
「才能なんてない」

と諦めてしまうことは簡単ですが、才能なんてやり続けてみないとあるかどうかなどわかりません。未知の世界へ進む時には不安や恐れを抱くでしょうが、子供が親や人生の先輩、友人らと遊ぶことで毎日成長していくように、大人も周りの環境によって毎日成長できるもんなんです。

僕は『自分を成長させる環境』を選択して、そこに身をおいてきました。運動指導をさせていただく際には、子供にとっての親や先輩、友人のように僕がなって、あなたの目標をサポートする存在でありたいと思っています。

「ダイエットに成功できるかな?」という不安もあるでしょうが、トレーナーがあなたよりも、あなたのダイエット成功を確信しています。ですので、トレーナーの技術や知識だけでなく、『自身の目標達成に挑むための安心感を買う』という方もおられます。

今は心の癖を取り上げましたが、動きにも癖がついてしまっているので、その癖を取り除いていくことが指導の中にあります。

「じゃあ、武道をせなアカンの?」

とはなりません。武道とは僕の指導にとって根幹となっているだけです。それに、武道を教えるなんてレベルには、リアルな話、あと10年は足りていませんので。

「野球がうまくなりたい」のであれば、投球フォーム指導において、肘や胸骨の使い方をお伝えすることがあるでしょうし、それを体操という手段を用いてお伝えするかもしれません。

筋トレをされているなら、そこに肘や胸骨の使い方等というエッセンスを取り入れて、筋トレの指導をさせていただきます。もちろん、僕が会社で研修を担当している身体調整でも武道のエッセンスをふんだんに取り入れています。

これからはパーソナルトレーナーとして活動していく上で、「訳が分からない人」という位置付けでは全く売れない人になってしまいますので、少し整理をしてお伝えさせていただきました。

東急スポーツオアシスさんとのパーソナルトレーナー契約も終え、オアシス狭山店にて活動することが決まっています。
※料金は60分6300円(税込)からスタートします。

後は出張パーソナルトレーニング、出張整体・ボディケアなども行います。新たに専用のブログを作成する予定ですが、それまでにお問い合わせがございましたら、直接メールをいただければ幸いです。

※出張指導料金は60分6000円(税込)からスタートします。

お問い合わせ、お申し込みは

pt.tamashii@gmail.com

までお願い致します。

魂はパーソナルトレーナー(山崎 真吾)
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 02:04| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

コスパ京都リサーチパーク(KRP)セミナー&イベント

今日はコスパ京都リサーチパーク(KRP)にて、身体調整を9名と、セミナー1本(定員の30名参加)を担当させていただきました。

「身体で感じる」

「自分の身体で起こっていることを知る」

をテーマにさせていただきましたが少し広がりすぎましたかね?

特に肘の位置についてお伝えしました。「私は怒り肩だ」という方も、肘が使えるようになると、肩は下がってくれます。

肘という場所は頭ではわかっているのですが、実際の身体として「肘がある」ことを知らないものです。また、肘があることが認識でき胸骨と肘が連動すると、予想だにしなかった力が出ます。

セミナーではそういったことをご体験いただきました。

セミナー後にもご質問をいただいたのですが、非常に嬉しいことですね。こういう場を設定してくれたコスパ京都リサーチパークのみなさんに感謝です。

ただ帰り際、お客様に対して「お疲れ様でした」と頭を下げたら、前方にいた新入社員に頭突きを喰らわしてしまいました。

「わざとですか?」と言われましたが、残念ながらそんなギャグができるような機転のきく男ではありません。おそらく僕も疲れていたんでしょう。

頭突きしてゴメンな。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:17| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

コスパ京都リサーチパークでセミナーやりました

今日はコスパ京都リサーチパークでセミナーやイベントを担当させてもらいました。

セミナーは『20秒で20cm身体が柔らかくなる体操法』という、いかにもという名目になりましたが、お集まりいただいた方々には『自分の身体が変わる面白さ』を味わっていただけたのではないかと思います。

この面白さは毎日自分で味わっていますので、身体のことに興味がある方にお伝えできたことが気持ちよかったです。

視点を変えるだけでもすぐに身体は変わりますが、本当にお伝えしたいことは、時間をかけながら自身で身体をコントロールする面白さを堪能してもらったり、相手の動きに合わせて自身も同調して動けるようになっていただくことです。

自分よがりな運動の枠を超え、自分の身体と向き合うことで本来人間に備わっている能力が発揮できたり、相手の身体や意識と関係することで人間関係もうまくいくようになってきたりします。

そういうことまでお伝えしたいのですが、まずは身体が変わることで身体に対して興味を持っていただけるような内容にしてみました。

セミナーは即興でやってますので、また次回呼んでいただる機会があれば違った内容になると思いますが、その節はよろしくお願い致します。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 02:41| ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

身体運動研究会とヨガクラブ

今日の午後、大阪市立阿倍野青年センターにて『身体運動研究会』を主宰しました。


あらゆる場面において、“合理的な身体の使い方”が叫ばれています。

ただ、僕もいろんなセミナーに参加してきましたが、スポーツやトレーナー業界(カテゴリーの分け方は変ですが)において、なかなか実感できることを伝えている人は少ないです。

僕もつい1年前までは、「わかっているつもりトレーナー」でした。

師に巡り会えたことで「自分はわかっているつもりになっている」ことに気付き、自分や相手との関係性の中で“人間の可能性”を追求しています。

子供は親や友達などの周りから影響を受けて育ちますが、身体の使い方に於いても同様に、子は親の背中を見て育ちます。

親が腰痛だと子供も腰痛になる。

というのは遺伝の影響も多少あるかもしれませんが、そんなことはしれています。

続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 21:57| Comment(5) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

日野原重明先生のセミナー

今日は97歳現役医師、日野原重明先生のセミナーに参加してきました。

“生活習慣病”という言葉は、日野原重明先生の提案によって“成人病”から変えられました。

“人間ドッグ”を日本に最初に導入されたのも日野原重明先生です。

朝の10:30からセミナーが始まりました。終了予定時刻は12:00でしたが、時間が押して12:15を越えました。その間、ずっと立ちながら話され続けていました。

それだけでもビックリしますが、お話された内容にも感動しました。その一つを紹介します。



今の学校教育では『愛』という漢字があれば、「書き順」「読み方」「部首」などを教えていますが、

『愛』という字の中には『心』という文字が入っていることは教えていない。

『悲』という字の中にも『心』という字と、打ち消す意味の『非』という字が入っている。心を打ち消すのが『悲』という意味です。

このように、言葉の意味を教える先生はいない。続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 13:15| Comment(4) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

膝を抜く

今日は「膝を抜く」ということに取り組んでいたのですが、言葉から動きに入ってしまうと、固定観念に縛られることに気づきました。

ようやく身体で意味を掴むことができたのですが、だいたいの人は“ただ膝をゆるめる”だけになってしまいます。

合理的に大きな力を出したい時には、この「膝を抜く」ことが必要になりますが、言葉だけで伝えることは非常に難しいです。

同じ「膝を抜く」という言葉なのに、実際に起こっている動きは全く違うものになっています。

ですから、僕も会社で研修を担当させてもらう時には、なるべく言葉で伝えるのではなく、身体の動きを見て立体的に把握してもらうことを心掛けています。

身体の声に耳を傾けると、身体は「どこへ行きたいか?」の問いに答えてくれます。

言葉は便利ですが、身体を置き去りにして言葉を先行させるのは危険です。

一つの言葉や現象に対して自分なりの解釈をするのではなく、本当の意味を身体で追求していきたいですね。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 17:29| Comment(0) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

有事の際の備え

今日は、国際救命救急協会のCPR+AED(心肺蘇生法)の資格継続講習に参加しました。

CPRに限らず、生きていく上で、

“有事の際の備え”

は必要です。

もし、愛する家族や恋人が、あなたの目の前で倒れてしまっても、対応できる術を持っていますか?

「人が倒れる」ということは、めったに起こらないことだからこそ、普段から練習やイメージトレーニングを積んでおく必要があります。

講習会では、なるべくリアルに自分を追い込んで受講しました。

練習を練習としていると、有事の際だけ真剣になるなんてことは不可能です。

練習の時から、有事の際のような気持ちで取り込む。

そして、CPRに熱中するのではなく、周りの環境を冷静に判断し、自分の行動を客観的に見る訓練をしていると、実際に人が倒れた時にも冷静に判断できます。

フィットネスクラブの店舗で働いていた時、3年間で10名程度、救急車に同乗しました。

練習やシミュレーションを繰り返していたおかげで、実際に事故が起きても冷静に判断ができました。

電車内で人が倒れても、初期対応を率先してできるようになり、近所で事故が起きても、他人事ではなく事故対応ができるようになりました。

ビビらなくなったのは、練習の時から真剣にやっていたからです。

“有事の際の備え”

として、リアルにシミュレーションしていたからです。


異常気象、地震も多発しており、いつ天災によって家が潰れるかもわかりません。

中小企業だけでなく、大企業までも軒並み業績を落としています。

ボーナスがカットされたり、リストラされたり、倒産することさえ、当たり前のように起こることでしょう。

梅田望夫氏によると、

インテルのアンディ・グローブは、

「病的なまでに心配性な人だけが生き残る」

と言います。

起こってからでは遅い。

どんなことでも“有事の際の備え”をしておきましょう〜



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 20:12| Comment(0) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

視野を広げる

今日は『水口塾』に参加してきました。

僕が『水口塾』に参加し出してから1年半ぐらいになりますが、講師の水口清一先生から多くのことを学びました。

僕がブログやメルマガを書けているのも、水口先生のおかげです。

水口先生から“道”を示していただいたからこそ今の僕があります。



世の中は複雑に絡み合っていて一つの現象が起こっていますが、一つの視点から見るのではなく、多角的に見ることを教えていただきました。

例えば西洋では、フカフカしたベッドで眠ることが一般的ですが、東洋では硬い床で眠ることが一般的です。

フカフカしたベッドだと、身体が埋もれて動けなくなってしまいますが、硬い床だと動くことが可能であり、眠っている時も身体が固まらずにすみます。


続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:49| Comment(0) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

食の考察

20081101115403.jpg今日はヨガを受け、食事も堪能してきました。
麻婆丼なのに全く油を使わず調理されていますが、かなりおいしいです。おからもいただきましたが、「おからは砂糖が入っていて甘い」という固定観念がありました。砂糖なしのおからも絶品でした。

僕は調理はできませんので、出された食材を何も考えずに食べていました。
「おいしければ全て良し」
「食べたいモノを食べることに人生の喜びを感じる」
と、思い込んでいました。

いろんなことを試して、今は“体型へのコンプレックス”はなくなりましたが、「痩せたい」と望む方は食について考え直す必要があります。

「おいしい」という味覚は、幼少の頃に覚えた感覚が根本にある。

と経験則から言われています。

幼少時に脂肪をたっぷり含んだお菓子や、甘い砂糖を含んだデザート、脂っこい牛肉を含む食品、冷凍食品などを頻繁に食べていた人は、そんな味が“おふくろの味”であり、「おいしい」という味覚の決定打となっている可能性もあります。


自分のことは自分でわからないものです。頭ではわかっているつもりでも、実際は間違っていることは多々あります。

筋トレ時にも、
「自分の限界はここまでだ」

と思い込み、追い込まない人がいますが、経験者から見ると限界はもっと先にあったりします。


「自分は腰痛だから、動いたら痛くなる」

と思い込み、動くことをやめてしまう人もいます。

自分のことや感覚は間違っていることが多いので、客観的に他人の意見を聞いたり、自分の姿を鏡で確認することも必要でしょう。

間違ったままで良い人は、そのままで問題ありませんが・・・
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:41| Comment(0) | ◆活動 【個人】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。