2009年02月25日

「できないこと」を継続する

--------------------
◆お知らせ

日野武道研究所主催

Real Contact in Osaka wokshop
4.25(土)〜29(水祝)
http://www.hino-budo.com/09-4osaka.htm

大阪江坂で日野晃先生の直接指導が受けられます。
--------------------

素人がプロ野球選手のような球を投げることは不可能に近いです。

つまり現時点では「できない」ということです。

現時点で「できない」ことを工夫して積み上げていくと、「できるようになる」という信念を持って取り組みます。

子供も見ていると、数日間できなかった自転車に乗れるようになったり、逆上がりができるようになったりします。

この2点については直接関わりました。

できるための方法論なんて知らないのですが、一緒に時間を過ごしているうちに上達のための練習法が思い浮かんできて、短期間でできるようになったのは快感でした。

でも、いつまで経ってもできない子供もいます。

たまに練習はするけど、できないからすぐにやめてしまうので、数年経ってもできないようです。

できない理由は「すぐにあきらめるから」ということも要因の一つとして挙げられますが、それだけではないようです。


子供の成長を支援する過程で、親の教育が非常に大切であると気付かされました。

また、子供を育てるということで僕の仕事にも大きく役立っています。

「できない」ことを継続していると「できるようになる」ことを背中で親が証明し、子供に続ける勇気を与えることなども必要だと気付かされます。

もちろん子供は外部環境でも勝手に育ってくれますが、親が背中を見せることや、一緒に成長しようという姿勢は大切なようです。

できないことがたくさんある親ですが、子供と一緒に答えを見つけていきます。

メルマガでいくつかイベント実施中です。

夢実現のヒント

イチロー選手の動きを追求する身体運動研究会


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 01:11| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

釈由美子さんと失恋

mixiのニュースを見ていたら、釈由美子さんが20代の頃、過食症と拒食症を繰り返していたという記事が載っていました。

記事によると釈由美子さんは「自分は太っている」と思い込み、苦しんでおられたみたいでした。

心の焦りが身体にも影響を与え、過度なダイエットを行った結果、うつや過食症、拒食症を繰り返してこられたそうです。

20代後半の失恋を経験されたことにより、

「自分一人で生きていかなくては」

という自覚が芽生え、人生の転機だったと記事で伝えていました。

失恋による危機感が、釈さんの人生においてプラスに働いたようです。

焦ることと危機感を持つことの違いはわかりにくいですね。

最近は社会保障の不安や、金融危機が消費を滞らせているようですが、本当に危機感を持っている人は、焦らず危機感を持って事前に準備をされていたことと思います。

僕も危機感を持つことが行動を起こす強い原動力になったことは幾度となくあります。

平和な時代に生まれていて、特に不自由なく過ごしてきたので、危機感を持って人生を歩んでいませんでしたが、遅ればせながら危機感を持ち始めることが少しずつ出来始めています。

釈さんも強い危機感を持たれたことで、人生の転機が訪れたという記事を読んだので、自身のことと繋げてみました。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:09| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

G7中川大臣の会見

中川大臣がG7の会見をされている映像を見ましたが、あれだけ“しどろもどろ”な発言になるのは『時差ボケ』のせいなんですかね?

僕は時差ボケを体感したことがないのですが、かなり脳の機能が停止していたように映っていましたね。

大胆発言がたまに波紋を広げる方ですが、この会見の様子も波紋が広がりそうです。

P.S メルマガ読者限定イベントを行っています。

興味をお持ちいただいた方は、『夢実現のヒント』をご覧くださいね。
http://mini.mag2.com/m/M0080242.html
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 08:33| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

凡人のスタンス

昔の映像などがいつでも見れるようになると、過去も現在も変わりがなくなってくるような感覚になります。

相撲なんかでは、祖父からよく「双葉山の方が強がった」と聞かされました。

もちろん対戦はできないので比べようがありませんが、本当のことなんだろうと思えるようになってきました。

野球でも、落合監督の現役時代の映像を見ていると、同じような感覚になります。

我々はイチロー選手のプレーをリアルタイムで見れる機会に恵まれていますが、過去のものになったとしても映像として見ることもできます。

動きを分析できたとしても、分析しているつもりになっているだけのことが多いので、体現できるように実践する必要があると思います。

※動作分析ではなく、動きの分析です。

自らが自身のクライアントとなり、客観的に是正していく作業を実行していますが、なかなか自分のことを客観視することの難しさを実感しています。

野球解説者は自身が成績を残してこられたからこそ発言に重みがあるのですが、僕のような凡人は成績を残すことはできないにしても、体現したことを客観的に分析し言語化できる強みがあります。

それが他人の役に立つようなレベル、たまたま良くなったのではなく、成功される確率が高くなるレベルにまで引き上げなければならない。

そんなことばかり言っていると他人に伝えられる日がいつになるのかわからないので、背伸びせず伝えられる範囲で伝えていこうというスタンスでいます。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:52| Comment(2) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ハテナとシロアリ

NHKの『ZERO』という番組に“ハテナ”という生物について解説されていました。

この生物は葉緑体を備えていますが、細胞分裂の際には片方にだけ葉緑体が備えたまま分裂し、反対側は葉緑体を備えない無色の細胞になっていました。

葉緑体を備えない、口ができ藻類を取り込んだ後葉緑体の形になっていくそうです。

口の部分が光を求める目の役割を果たすとのことでした。



また、腸内細菌のことも取り上げられていました。

シロアリは木片を食べます。

シロアリの腸内には多様な原生生物が存在していますが、これらがアミノ酸やビタミン合成しているのではなく、

TG1という細菌が合成しているとのことでした。

細菌も人間の身体においても重要な役割を果たしていることでしょうが、生物の仕組みはどこまで精巧に出来上がっているんだ?

と感心させられます。

こんな精巧なプログラムを作ったのは一体誰なのかは永遠にわからないかもしれませんね。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 02:08| Comment(2) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ケイコとマナブ

電車で雑誌『ケイコとマナブ』を読んでいる女性を見ました。

最新情報&活躍度
『女性の資格』

というタイトルがつけられていたので思わず見てしまいました。

僕はいつの頃からか資格に興味がなくなってしまいましたが、企業に属していると“資格を持っている人材”が求められるのだなぁ。と感じます。

資格があると、わかりやすいですもんね。僕も一応、健康運動指導士、NSCA認定パーソナルトレーナーという資格を持っていますけど、資格を持っている理由は、他者から資格を持っていることを“求められる”からです。

でも、資格を持っていても、本当に活用できている人はほんの一握りです。

例えば、障害の検査法などがテキストに記載されているわけですが、実際に検査もしたことがないのに、理解できるわけがありません。頭で理解しているけど、身体では理解していない。そんな問題が出ること自体、おかしいですよね。

そんな感じで、権威ある団体から、訳のわからない団体らが資格を発行していますが、資格商売にならないことを祈ります。

そして、雑誌の読者の方も、“求められる人材”になるだけではなく、“実際に役に立つ存在”になっていただきたいと思います。

僕も今週、5つのセミナーに参加し、1つのセミナーを主宰します。

今日参加したのは、水口清一先生の『水口ワールド』です。

「足裏から呼吸をする」

という課題がありましたが、全然できませんでした。これなら、以前行った『スプーン曲げ』の方がよっぽど簡単でした。

「“意識”を使うと一瞬で目が良くなる」

は、測定はしていませんが、鮮明度は増しました。

みなさんの生活に役立つ資格、セミナーを選択してくださいね〜



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:53| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

GPファイナルフリー

グランプリファイルの女子フリーを見ました。

浅田真央選手がトリプルアクセル(3回転半)を2度成功し、2位から逆転優勝しました。

キム・ヨナ選手は2度のミスが尾を引き、2位になりました。

でも、何なんだ、この採点結果は!?

国際大会であり、オリンピック、世界大会に次ぐ大きな大会なのに、この採点はヒドい。浅田真央選手は体操の域を超え、表現者としても確実に進歩しているにも関わらず、採点の進歩が見られないのは問題やと思う。

観客を魅了してるのは誰や!

気づけ、審判!

おっと、知らず知らずのうちに関西になっていました。

浅田真央選手は、他の選手と圧倒的に違うと感じるのは、ジャンプもそうですが、ステップのレベルが違います。キム・ヨナ選手のステップを注目して見ましたが、浅田真央選手とは“次元の違い”を感じてしまいました。

メリハリの効いたスポーツ的な動きはロシェット選手が得意ですが、浅田真央選手のステップには拍子を感じず、止まることを知りません。

身体運動としてのスケートでも、浅田真央選手が圧倒した大会だと感じました。タラソワコーチの熱が移ってきて、更に進化をしている過程のように見えました。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 04:00| Comment(3) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

意識

大阪難波を歩いていると、「人の“意識”が混雑していてしんどいのか!?」と感じます。誰も人がいない自然の広場にいると心地良いですが、難波は意識の渋滞が起こっているようです。

仕事でも、みんなが同じ意識(方向性)を向いていれば、とてつもないエネルギーが溢れ、成果も出やすくなることでしょう。

一方、意識がバラバラだと、エネルギーが一つに集まらずに収集がつかなくなり、人間関係の崩壊なども起こりやすくなります。

そんな時、みんなの意識を一つにまとめるリーダーが必要になります。

大阪を再生させるという橋本知事。真剣に向き合っておられますが、今のところコストカットの領域を出ておらず、大阪府民の意識が一つにまとまるような施策はありません。

宮崎は意識が一つにまとまっています。東国原知事のリーダーシップによる成果でしょう。

時代に必要なのは、意識をまとめるリーダーかもしれません。




posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:45| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

日本の時代がやってくる

ユビキタス(いつでも、どこでも、誰でも)社会が間もなくやってきます。

パソコンですら再起動にはCtrl+Alt+Delが必要など、複雑で専門的な知識がなければ操作できず苦労しましたが、もっと快適にネットと融合する社会になります。

今はバーチャルリアリティと呼ばれていますが、ユビキタス社会ではリアルな社会との融合を目指しています。

その中心的存在となるのが、TRONです。東京大学の坂村教授の始められたプロジェクトですが、日本の携帯電話のほぼ100%がOSとしてTRONを採用しています。

総務省によると、フォトニック(光技術)、モバイル、情報家電分野で、2005年には30.3兆円、2010年には84.3兆円の市場が予想されています。

これらは何を示唆するのかというと、

・・・・・・・・・・
自動車が物理的な移動ということで社会に与えた影響と同規模の大きな影響を、「ユビキタス」は情報面で与える可能性がある。
・・・・・・・・・・
竹村健一氏

それぐらい大きな構造の変化が、今起こっている最中だということです。

例えば、いちいち健康診断に行かなくても、トイレをしただけで尿検査が行われ、そのデータが病院と連携している。

それだけでなく、その数値を読み取って冷蔵庫から必要な食品が取り出されるところまで行くと思います。

このように、我々の健康管理の一端までユビキタス社会が担ってくれることになるでしょうから、

“人間にしかできないことは何か?”

“あなたしかできないことは何か?”

を追求していかなければ、コンピューターに使われてしまう時代になるかもしれません。

身近にやってくるユビキタス社会に向けて、我々に何ができるか?

を再考してみましょう〜



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:09| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

主客融合

今までは“売る側”と“買う側”の境界線が、はっきりと分かれていましたが、これからは境界線がなくなる傾向にあります。

ある時には売り、ある時には買うという、物々交換の時代に近づいています。

フィットネスクラブでも、今までは利用する側である会員が、お店の運営をサポートするようになると思っています。

特に地域に根ざしたクラブ作りをしていると、地域の方の意見をダイレクトに取り入れるなら、運営に参画してもらった方が永続できるんじゃないでしょうか?

「お客様の声」を集めるどころではなく、お客様が運営していく。

Jリーグのシステムはよくわかりませんが、企業が運営するというよりも、地域が運営するクラブへと発展することが、地域に愛され、生き残っていく手段の一つではないかと思います。

数年後、
「そういや山崎がそんなこと言ってたなぁ〜」というような事例が出てくるような気がしています。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:57| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

正しいことと、間違っていること

これを区別することが難しいんです。

子供の頃から、食品添加物満載の食品を取って育ってきたら、それは間違っているのか?

これは、見る角度によって正しいか、間違っているのかの判断が変わります。

お菓子ばかりを食べていても、

“健康診断で出た数値は全て正常”

という人もいるでしょう。

お菓子など、ほとんど食べずにベジタリアンだけど、健康診断に引っ掛かる人もいるでしょう。

“薬を飲むのは正しいのか、間違っているのか?”

“手術をするのは正しいのか、間違っているのか?”

見る角度によって答えは違ってくるでしょうし、反対側の答えを選択した方が正しかったのかどうかなんて、結局わからないものです。

続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:40| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

プランニング

トレーナーの仕事とは、

『クライアントの目標を達成するための計画を立案し、目標に至る必要な知識や技術を提供していくこと』ではないでしょうか?

クライアントがどのようになりたいのか?

その思いをクライアントと共有し、目標達成に向けてサポートしていく。

目標達成のための“プランニング”が非常に重要だと思うんです。

例えば『ファイナルプランナー』なら、金融に関する情報提供だけでなく、“ライフプランニング”をして、目標達成を実現していくことが主な仕事です。

子供が成長すれば“学校教育費”が必要となります。


続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:48| Comment(2) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

質問者の頭の中

最近、mixiを頻繁に使うようになりました。

ここは“仮想空間”でありながら、かなりリアルな感覚を持ち合わせた空間になっています。

身体に関する悩みをお持ちの人も多く、改めて健康産業の需要があることを確信できています。

僕は、みなさんがどんな悩みをお持ちなのかを知りたくて、mixiで遊ばせてもらっています。



mixiダイエットコミュニティーで人気が高いのは、

『朝バナナダイエット』

『コアリズム』

などです。

これらのコミュニティーには、物凄い数の参加者が集まり、質問や回答が飛び交っています。


ここの回答は、

「曖昧な答えを“断定的”に伝えるのはマズいんじゃないか?」

と思う素人発言が多々ありますが、質問者は一般的な答えが聞きたいだけなんです。

何も専門家の答えは必要としていません。

ですから、誰が答えてもいいんだろうと思います。



つまり、質問者は本当の答え、真理を求めているのではないということ。

質問者による、

「誰でも良いから教えてください」

と、相手の正体がイマイチわからないような人に対して“有益な回答”を求めることには違和感を覚えました。

でも、質問者の人は無料なので、それなりの答えで良い。

真剣ではなく、ちょっと雑学として知っておきたい。

と、いう程度の向き合い方が大半なんでしょう。

インターネットには、ゴミのような情報が溢れています。


“本物”と“偽物”を見極めは難しく、また境目はないかもしれませんが、自身にとって有益な情報が得られるようなリサーチ能力を身につけていただきたいと思います。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:01| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

トレーナーの独り言

最近は習慣で腰周りをピンポイントで動かす訓練をしています。

おそらく外から見ても何をやっているのか理解できないでしょうが、今までほとんど動いていなかった箇所が動くようになってきているので、腰回りが非常にほぐれてきています。

背骨を動かしている時には内臓(おそらく大腸)の運動も活発になり、「ギュルギュル」と音が鳴っています。

ただ、もっと意味のある身体になるためには、感覚の途切れがあってはいけません。

ですから、感覚が途切れないようにする訓練の例えを挙げてみると、

「左腰から背骨を通って、前方に突き出している右腕の先までの全て」のラインを“緊張”させ、全ての感覚を味わいます。

そうすると、左腰あたりと右の肩甲骨あたりまでの緊張を感じ、感覚も残っているのですが、腰椎の屈曲が甘く入ってしまい、途中で緩み、感覚が途切れています。

表現する立場であれば、全て繋がっていかなければ、「緩んだ」と相手に“反応”させてしまい、違和感を与えてしまいます。

各箇所、1cm動いているかどうかの運動ですが、単純な体力要素である柔軟性なんかも、こんな1cm程度の運動を繰り返し反復しているだけで相当柔らかくなります。


続きを読む...
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:40| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

テレビもたまにはいい

テレビで松坂大輔投手がインタビューに答えられている場面を見ました。

「故障をする」という、同じ過ちを2度と起こさないように、今年からは身体に関する知識を増やすための勉強をされているようです。

プロ野球でも工藤公康投手が、身体に関する知識を積極的に吸収されていることは有名です。

自身の感覚と知識を融合し、自分なりに体系化していかれているのでしょう。



チャンネルをかえると、歌舞伎役者の市川亀治郎さんの特集をされていました。

その踊りを見て驚愕しました。

「この人はどれだけ自分の身体のことを知っているのだろう?」

と、強い興味を持ちました。

板東玉三郎さんの逸話を耳にすることはありますが、「超一流になるにはトコトン自分の評価に厳しく、常に先にある目標に視点を置く必要がある」と気づかされました。

プロ野球の日本シリーズも面白くなってきましたので、これからテレビを見る時間が増えそうです(笑)
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

客観視できてるか?

人は、自分のことを客観視できないようです。
※僕のことです。

例えば、経済的な悩みがあるとします。
“僕”という立ち位置から見れば大問題かもしれませんが、敏腕なコンサルタントからしてみたら、僕が抱えている悩みなんて、とても小さな問題で、解決できる可能性が高いことでしょう。

「痩せない」という問題を抱えている人が多いですが、身体の専門家からしてみたら、あまり大きな問題ではなく、問題を解決する策をいくつも持っています。

でも、当人にとっては大きな問題であり、解決が困難だと思い込んでいます。

こんなことを考えていると、自分が経験してきた人生の価値観が『思い込み』を生んでしまうんだな。

と思うので、人間の可能性を追求している僕としては『思い込み』を取り払ってくれる他人に触れることで、自分を客観視しています。

固定観念を取り払わないと“今のまま”で終わってしまうという危機感を持って、自分自身をもっと追い込んで、危機感を煽ることにします。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 01:54| Comment(0) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

できないことを楽しもう

願い事というのは、叶うことが喜びではなく、叶うために“歩む道”が喜びである。



「今すぐに合理的な身体動作を獲得できる」という魔法があったとしても、そんな魔法をかけて欲しくありません。
むしろ「喜びを取らんといてくれ」と言います。

人生は成功ばかりではおもろくない。「できない」という自己否定があり、反省しながら修正していく過程がおもろいんじゃないか?

だから、今すぐ手に入ることばかりしないで、いばらの道を歩みながら、失敗を繰り返しながら人生を歩んでいきたいですね。

たかが数年学んだだけの浅い知識や経験しかないので、これからもいばらの道となることでしょうが、現段階で「できる」という思い込みにならず、「できない」ことを認識し、じっくり味わいながら正面から対峙していきます。

「できない」ことで落ち込み過ぎず、楽しめる人生を歩みましょう〜
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 06:21| Comment(4) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

流れ星

三大流星群と呼ばれる『ペルセウス座流星群』の活動が、12日の夜が最も活発になるという記事をmixiで見つけたので、さっそく自宅から夜空を眺めて5分ぐらい眺めていました。

ただ、ボーっと眺めていただけなんですが、生まれて初めて流れ星を観ました。
一瞬でしたが、想像していたよりも鮮明で大きかったです。

もちろん願い事なんてしている余裕は全くありませんが、初めて見た流れ星に興奮してブログを書いてしまいました。

僕は初詣で神社に行ってもお願いごとをすることはなく、夢見る少女のような漠然としたロマンチストではありませんが、宇宙の成り立ちやメカニズム、また宇宙の神秘には強い関心を持つようになりました。

人間の身体や世の中の構造を追求する際、量子力学のような最小規模と、宇宙のような最大規模、その中間の全てをマクロに捉えて自分なりの答えを導き出したいと思っています。

興奮冷めやらぬ夜でしたが、今日は4時の起床で明日も早起きなので、このへんでお休みしたいと思います。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:06| Comment(2) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

現状満足と現状不満足

人間が持っている欲(食欲、性欲、睡眠欲など)は動物も持っている欲ですが、『これらの欲を抑えられるのが人間である』という考え方もあります。

子供のような無垢な身体に戻ることも大切だと思いますが、子供のようにおもちゃが欲しかったとしても現状に満足できるような、常に今の状況に感謝できる心の在り方が大切にしたいと思っています。

たとえ職を失ったとしても、「命まで失わなかった。ラッキー」
と言えるような、心を持っていたいものです。

それだけでは現状満足で終わってしまうので、現状不満足で強い向上心も持っていたいと思っています。

自分はどんな生き方をしていきたいのか?
現状満足と現状不満足のバランスが取れるような生き方をしていきたいですね。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 13:56| Comment(2) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

頭で考えるクセ

自分自身の学びの中から感じたことですが、

『不安になること』

『わからなくなること』

と、最近も頭で考えても解決できない直面して、混乱したり悩んだりする過程を踏んできています。

やっぱり、頭で考えて修正するクセがついてしまっています。

『できない』ことを『できる』ようにしようと思っているわけですから、自分の頭で理解できる範囲のことじゃないんでしょうね。

だから、力まず自然に任せ『できる』ようになりたいですね。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 01:42| Comment(3) | ◆伝えたいこと 【全般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。