2009年07月14日

長谷川穂積VSネストール・ロチャ

まともに一発もパンチをもらわなかった試合でしたね。試合前に「圧倒的な強さを見せつけたい」とおっしゃっていましたが、まさに宣言通りの結果となりました。

長谷川選手と他の選手では何が違うのか?

世界戦で4戦連続KO勝利されるぐらい圧倒的なパンチの威力がある。で終わるのではなく目を凝らして見てみると、長谷川選手はパンチを打つというよりも、拳が相手に届いているように見えます。

つまり、パンチを打とうという意思を察知する間もなく、パンチが飛んできているという印象を受けるのではないでしょうか?

下半身から捻って、腰の捻りを使って、肩は内旋させながら・・・

そんなことは結果であって、先に「パンチを相手に届ける」がある。ですので、意思を察知する間もなくパンチが飛んできているので、よけるタイミングを失ってしまう。

「あっ!」っと、驚いている間に相手選手の身体は居着いてしまい、2発目以降も喰らってしまう。

僕が言うまでもなく、すごいチャンピオンです・・・


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:23| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粟生隆寛VSエリオ・ロハス

ボクシングファンが減るような最低の試合でした。粟生選手を贔屓しているとかそういう問題ではなく、「相撲か!」と思うようなクリンチの嵐でした。

ルールある中で戦うのがスポーツですが、観ているファンのことなど関係ないんですね。

こういうルールを改正しなければ、ファンは減りますよ。テクニックで済まされる問題ではない。あのK−1ですらルールを変えたんですから。


そういう怒りを覚えた試合でした。
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 21:10| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

川尻達也VS魔裟斗

元々、無理のある試合でしたが、案の定川尻選手は何もさせてもらえませんでした。

スピードの違いは誰の目にも明らかだったと思いますが、そのスピードの源となる足が川尻選手は居着いてしまっています。一方、魔裟斗選手は体重移動の際の居着きが少ない。

ですので、相手の動きに同調しながら交わされていることがわかります。

アンディ・サワー選手VSキシェンコ選手の試合でも、キシェンコ選手はピョンピョン跳ねているのに対して、サワー選手は居着きが少ない分、動きに同調されていました。

こういう緊張した場面においても、居着きの少ない動きができるようになりたいですね。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:05| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

固定観念を外す

「野球が上手くなるために、こんなワークが必要です」と、考えることがなくなりました。今は個々の動きを見て必要な原理を習得してもらいます。

スナップを利かせたり手首を痛めないがために、リストカールやリバースカールをするとか、ボールリリースの後に身体が丸まるようにやシットアップやツイスティングクランチをするとか、そういうことは一切行いません。

そんなことをしてしまったら、身体がぶつ切りになってしまいますし、ブレーキをかけることを覚えてしまいます。

投球動作は一連の流れであって、各フェーズに分解されているわけではないので、流れが止まるようなことをしないことが原則としてあります。

肩の障害予防のためのエクササイズといって、エクスターナル・ローテーションなどのインナーマッスルトレーニングを取り入れることもありません。局所的な負担をかけては流れが止まってしまうという理由も一つとしてあります。

スタティック・ストレッチも使えていない箇所や流れを感じるという目的以外で行うこともありません。一般なフィットネスで行う概念とは異なることばかり行っていますが、自身の身体は以前と比較にならないような結果が伴っており、自分自身だけでなく、周りもその違いにビックリしています。

ある枠の範囲内での成長ではなく、枠を超えたい場合には、固定観念を外さなければなりません。それが難しいのですが・・・。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:22| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

指先と手のひら



腕の力でがんばっても、相手に力は伝わりません。
指先が目的地に向かっているだけです。



手のひらを順番に感じていくと、相手は踏ん張れなくなります。


8月1日(土)に行うセミナーはこちらです。

PCの方は、こちら
posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:15| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

理論と実際

言葉でお伝えするのは、つくづく難しいことだと実感しています。例えば「指先を伸ばす」を教えてもらったのですが、言葉で聞いても“自分なりに”解釈をしてしまっていました。

『指先を目的地に向かわせる』と、本来の身体は一緒に動いていくはずですが、僕はただ指先が伸びているだけで目的地に向かっていないとなってしまいます。また、指先は向かいたいのに、無意識に身体はブレーキがかかっている。となります。

本当はものすごくシンプルなのですが、複雑に“頭”で考えている僕は、「指先を伸ばす」だけなのにできないんです。だから、「指先を伸ばそう」と“頭”で考えるのではなく、「これ(指先)がここ(目的地)」とやってみると、指先が目的地に向かうようになりました。

子供が自転車に乗れるようになる過程では、頭でどうしようと考えているのではなく、身体が覚えるまで反復します。フラフープを回すのも、頭でどうこう考えるのではなく、身体で覚えるようにするとできるようになりました。

頭で考えていた時期は、「とにかく、やってみろ!」と言ってもらえるのがありがたいと思えなかったのですが、ようやくありがたいと思えるようになりました。

身体が動くようになる過程では、“頭”ではなく“身体”で覚えてもらうために、言葉は極力使わない方が良いように思います。もっと伝わる言葉が見つかれば、言葉で伝えようとするのかもしれませんが・・・


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:51| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体の原理原則の理解

無理やり身体を使うと筋肉が制限をかけます。例えばSLR(Straight Leg Raising)。ここでは腰椎椎間板ヘルニアのテストとして用いるのではなく、楽に脚を上げることを目的とします。

まず、膝関節を屈曲させ大腿部をゆるめたまま股関節を屈曲します。次に大腿部の長軸に沿いながら膝関節を伸展させていきます。その時に重要なのが方向性です。特に親指が重要。「脚がどこへ伸びたいのか?」が不明確だと、すぐに制限がかかってしまい脚が上がらなくなります。

身体調整でも同じように、施術者が人間の身体の原理原則を理解していなければ、「この人の可動域はこれだけしか出ないんだ」という勘違いをしたまま調整をすることになります。

僕のような凡人は、身体の原理原則を無視して一生懸命動かしていただけだったので、そこからは何も生まれませんでした。天才たちの動きを観察したり、実際に体感することで自分との違いを認識し、原理原則を発見していくことが今の楽しみの一つになっています。

指先の方向性一つで、身体の使い方が劇的に変わりますが、そんなことを知ったのは最近です。こういうことが運動指導の場面においてもお伝えできると、実際に身体が変わるので喜んでいただけるのではないかと思います。

体感してみたい方はセミナーや個人指導の場でお伝えさせてもらいますね。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:17| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

シルヴィ・ギエム


肉体運動として卓越した身体の使い方をされているとか、そんな次元ではないところにおられる人です。

全く隙がなく一瞬たりとも目が離せません。何に対してかわかりませんが、ぐっと胸を締め付けられます。

こういう次元に辿り着くためには、一体どうすればよいのでしょうか?

楽しみが増えました♪






posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:21| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

身に病があっても、心まで病ますまい

「では、脚を上に上げてみましょうか?」

「腰が痛いからやめておきます」

「歩いてみましょうか?」

「膝が痛いのでやめておきます」

気持ちはわからないでもないですが、何かに取り組む時には、なるべく心を積極的にしてほしいと思います。

「では、脚を上に上げてみましょうか?」

の問い掛けに対して、「どのようにすれば痛みの出ない範囲で脚を上にあげることができるのか?」を工夫してみてください。

まだ、やってもいないことを「できない」と否定するのではなく、「できる」にはどうすれば良いかを積極的に考えるクセをつけると、人生が豊かになってきます。

中村天風先生の有名な言葉である「身に病があっても、心まで病ますまい」の積極精神を身につけたいものです。


中村天風「心身統一法」の真髄 心を空にする/沢井淳弘著

引用開始--------------------

「たとえ、身に病があっても、心まで病ますまい。

たとえ、運命に非なるものがあっても、心まで病ますまい。

否、一切の苦しみもなお楽しみとなすの強さを、心に持たせよう」

ただし、人間である以上、腹がたったり、恐れたり、悲しかったりすることは、当然のことである。大切なのは、それにいつまでも執着してはいけないということである。

--------------------引用終了


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 01:37| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

座る→立つ

いかに楽に立てるか?

つまり、合理的な身体の使い方をすることで、負担をかけずに立つ。ということを研修で行うことがあります。

正座から立つ。
スクワットのようにかがんでから立つ。

でも、みんな脚の筋肉ばかりを使って立つんですね。しんどいし、見た目も美しくありません。一生懸命さが美しいという美的センスを持っている場合は別ですが、スッと立つ方が美しく見えます。

脚の筋肉を鍛えたい場合には、一生懸命脚を使えば良いでしょうが、楽に立ちたい場合には全身を連動して立てば良い。背骨と脚が連動すると、脚だけに頼るよりもずっと楽に立てるんですね。

スクワットの時、脚の筋肉を鍛えたい目的なら、ベルトを巻いたり、背中やお腹の筋肉を固めて立つのも構いませんが、楽に立つ場合には背骨はフリーにしたいものです。

こういうことを自分の身体を通じて理解されている人も中にはいますが、「膝がつま先よりも前に出ないように」とか、体感を伴わない指導をされている風景を見かけます。そんなところに意識を向けると、使えていない背骨を更に使えなくする指導になります。それだけでなく脚が居着いてしまうので、実際に動けない身体になってしまいます。

セミナーや研修の際にいつもやっている、『正座→立つ』は胸骨を引き上げることで、背骨と脚を連動させることができます。楽に立ちたい人は、できるようになっても尚、この練習を続けてみてください。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:29| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

真似ぶ→真似る→学ぶ

僕の場合ですが、「身体が柔らかい」といえば、バレエダンサーが思い浮かびます。では、バレエダンサーの特徴、本質を捉えることができれば、柔らかくなるんじゃないか?

という理屈から、バレエダンサーを観察し、いくつかの特徴を発見できました。その特徴の一つに、「指先まで神経を行き届かせる」がありますが、これをストレッチに応用すると一気に身体が柔らかくなります。

静的なストレッチ(スタティック・ストレッチ)では数十秒間かかっていたのに、指先まで神経を行き届かせると、一瞬で身体が柔らかくなることがわかりました。

ただ、「指先まで神経を行き届かせる」が実際にできていなければ柔らかくなりませんのでご了承ください。

僕は中学生から高校生まで野球をしていました。高校生の頃から10年以上、ウエイトトレーニングにも励んでいたので、指先に意識を向ける機会はほとんどありませんでした。

これは野球でも、ウエイトトレーニングでも「良くない」とされていることですが、僕自身の悪い習慣として「握る」ことが身に付いてしまっていました。「握る」手になっていては、身体は柔らかくなりません。

実際の動きを獲得するには、「真似る」ことが一番手っ取り早いように思います。真似てみて、自分と相手の違いを確認し、また真似てみる。この繰り返し反復が子供の成長過程であり、大人も同じくしてみてはどうかと思います。

ですので、僕が指導させていただく際には、真似ていただけるように自身が動けるようになっていなければなりません。まだまだ僕自身が身体の原理原則を発見途中ですが、可能な範囲で実際に動ける身体を身に付けていただくお手伝いをさせてもらえると嬉しいです。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:27| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

優越感に浸りたいけど・・・

最近ありがたいことに、メールフォームからのご質問が増えてきました。ブログ閲覧が1日約100名ほど増えて、約300名ほどの方が記事をご覧になられているからでしょうか?

文字では伝わりにくい点もありますが、ご質問に対する返答は極力24時間以内にさせていただきますのでお待ちしています。



ペアになって身体を動かしていると、初心者の方は「こうですか?」「どういう意味ですか?」と聞かれます。そこで僕は、「こういう意味ですよ」とお答えすると、「あ〜、そういうことですか!」と納得されますが、実際にはできません。

実際にできないので、また「こうですか?」「どういう意味ですか?」と聞かれます。先程、「あ〜、そういうことですか!」と納得されたはずなのに実際にはできない。でも、聞きたくなるのもわかります。

実は僕もできないことが多く、わかっていないのです。ただ、実際に「できない」ことはわかっています。頭で理解したというのは単なる思い込みだということが、身体を通じてわかっています。

ですので、身体が実際に動くようになるまで言葉での理解に頼らないようにします。ただ、「できない」自分を受け入れるというのは、とてつもなく苦しいです。優越感に浸っていたい幼稚な自分を抑えて、本当にできるようになりたいので、「できないことはできない」で受け入れないと成長がないんです。

僕自身もとてつもないプレッシャーを感じながら稽古に参加していますが、日常からプレッシャーをかけていれば、稽古でプレッシャーはかからないだろうと反省しています。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:09| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ゆるめ方、具体的方法

「身体をゆるめることの重要性はわかったけど、具体的な方法が知りたいんですよ」

と言われたことがありました。

ここで文字にすることもできますが、“具体的方法”は文字や絵だけでは伝わりにくいだけでなく、“間違った解釈をされて逆に信用をなくす”という危険性もあるので控えています。

先日、「ゆ○体操をやっていて腰痛になった」という声を聞きました。これは、受け取る側の解釈が間違っているから痛めたことになります。それは、ゆ○体操は痛めるような体操ではないからです。

僕はゆ○体操をやっているわけではありませんが、著書を読んだり講演会に参加させていただくことで、そのように理解しています。あんなに考えられた体操でさえ誤解を招くことがあるのですから、僕がブログで文字にしたとしても、誤解を招いたり間違った解釈をされる可能性が高いと思っています。

ですので、実際に僕が行っている見本を見ていただくことにより、動きそのものであったり、表情であったり、醸し出している雰囲気であったり、筋肉の緊張度であったり、文字では伝わりにくいことを“実際として体感していただくこと”を選択しています。

そうとはいえ、もっと文字で伝わるようになれば、ブログで方法論を書くかもしれませんが。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:08| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレッチ再考

“動き”の質を高めるためのストレッチは、一般的に行われているストレッチと大きく違う点があります。

例えば、胸のストレッチ。身体はそのまま置いといて、腕を後方に持っていくのが一般的でしょう。また、太ももの前を伸ばすにしても、座った状態から膝を折り曲げていくでしょう。

これらは、四肢から動かすという共通点がありますが、これでは“動きの質”という点ではマイナスに働くことが多いです。その理由は、動きの際に四肢から動かすことを身体が覚えてしまう。という点です。

動きの場面では四肢から動かすのではなく、背骨から四肢がついてくることが高いパフォーマンスや、自然な動きに繋がるからです。

つまり、胸のストレッチであれば、手の位置を変えずに胸骨(背骨)を前方に持っていくことで伸ばす。太ももの前なら、すねを地面につけた状態から、胸骨を上方へ引き上げていきます。
※上方とは、天に向かうという意味ではありません。

静的なストレッチングを行う場面においても、ただ形をこなすだけではなく、その体勢に持っていくまでの動きに気をつけましょう。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:32| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

おっさんのフラフープ

いつもうちの娘がフラフープをしているのを見て羨ましく思っていたのですが、「何故彼女に出来て僕にできないのか?」と考えていました。

考えてもわからないので、実際に何回か試してみたのですが、さっぱりできませんでした。

でも、さすがに1時間ぐらいやり続けているとコツが掴めてきました。10秒ぐらいできたと満足していましたが、娘はいつまでもやり続けられます。

じっくり観察したら、「胸骨の引き上げ」ができていて、僕はできていなかった。という違いがわかってやってみたら、こんな感じで出来るようになりました。

「今日は絶対できるようになってやる」

と、娘に宣言し実際にできるようになったので、これも教育かな?

と、一応父親の面目躍如です笑




posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 18:07| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体を使い切る

子供は遊びに100%の力を出し切ります。遊び疲れてコテッと眠りますが、大人は出し切らなくても疲れています。子供は頭ではなく身体を使い切り、大人は頭を使い切る。

だから、身体が無理だと悲鳴をあげなくても、頭が「もうやめとけ」と悲鳴をあげるのでしょう。

子供は常にじっとせずに身体を動かしていますが、大きくなるに従って「じっとしてなさい」と怒られるので、だんだん身体が硬くなってくるようです。身体が硬くなると身体で感じたまま動くのではなく、頭で考える習慣がつき身体の動きを抑制してしまいます。

会社員で1日中パソコンと向き合って仕事をされている方が「疲れた」となられますが、頭を使っただけで身体は使われていませんね。

浅田真央選手は今日のインタビューで、「毎日できることを100%の力でやるように心掛けています」と言っていました。

力を出し切る、身体を使い切るということが、成長を促進してくれるのではないかと思いました。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 00:06| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

対立しない身体

2歳児でも相手に対して対立的な動きをするようになります。力に対して力で衝突しようとするので、自分よりも力の大きな人には勝てません。

これが6歳児になると、もっと顕著になり、地面に対して対立するようになり捻挫をしてしまいます。

足をぐねったのなら、その力の流れに身体を任せると、地面に対して対立しないので痛めずにすんでくれます。

ボールを投げるのも肩に制限がかかっているのに、肩で投げようとすると痛めてしまいます。肩に制限がかかっているなら、制限のかかっていない箇所から動かし、その流れに従って肩が自然に動いていくようにしたいものです。

肩を痛めず“球速アップ”を実現する『身体の使い方の秘密』

2歳児の柔らかい身体でも既に対立してしまう身体構造になっていますので、大人はもっと対立が激しくなっています。

歩き方からお茶碗の持ち方、日常の立ち居振る舞いなど、何から何まで自分の身体に対して対立の構造が出来上がってしまっているので、身体になるべく負担をかけないような身体の使い方を身につけていただくことが僕の役割の一つです。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 21:28| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ぼくの妹

「ロウイングのように、前から後ろに腕を引く時、肩が痛いんですけど、痛みの出ない範囲で動かせばいいんですか?」

という質問があったら、あなたならどのように答えられますか?

これは研修中に、肩を痛めたスタッフから実際にあった質問でした。

最近、長澤まさみさん主演の『ぼくの妹』というドラマをたまたま見たのですが、千原Jrが演じている役柄が、同じように肩の痛みを訴えていました。オダギリジョーが演じている役柄は医者ですが、診断は“肺ガン”でした。

もしここでトレーナーが、「そうですね。痛みの出ない範囲なら動かして大丈夫ですよ」と答えてしまうと、問題が発見されないまま日常を過ごしてしまう恐れがありますので、トレーナーの発言は重要です。

まずは医師の診断を仰ぐようにお伝えすべきです。そこで処方される運動を行ってもらう。つまり、処方された運動方法をお伝えするのがトレーナーの役割です。

ただ、運動を行って良いが、具体的な運動処方まで施されない場合には、トレーナーの入り込む余地があるでしょう。

ただし、「前から後ろに腕を引く時、肩が痛い」とのことですので、できる限りリスクを排除した運動指導を行うことが望ましいと思います。

まず、痛みの出る動きを確認した上で、肩の外旋、前腕の回外が極端に不得意なことを確認し、背中が使えていないこと、人差し指、親指の緊張が強いことを実感してもらった上で、それらの緊張を即興で取り除きました。

すると、その後のロウイング動作が、見違えるような動きに変わったことが、本人や研修参加者の目から見ても明らかでした。

肩ではなく、人差し指、親指、背中の緊張を取り除いただけで肩の動きが見違えるように変わりますので、敢えて肩は触りませんでした。

トレーナーにかかるリスクは極力取り除かなければなりませんので、肩を触らない手段を選択したわけです。自分の能力や立場を低く見積もって指導することが自身のリスク回避に繋がります。

仕事が欲しいから、お金が欲しいからという理由で、自分の能力を高く見積もって能力以上の仕事を請け負わないようにしたいですね。自身の能力に気付いていないというのは想定外の話ですが。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 20:33| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

背中が伸びない

ボクサーがパンチを打つ時や野球のスローイングをする時、ダンサーが腕を伸ばして踊る時など、背中が十分に伸びきらない時には、いくら背中を伸ばすことに躍起になっても背中は伸びてくれません。

これらの問題を解消するには、「握る」という癖を取り除く必要があります。特に、

“人差し指と親指の緊張を取り除くこと”

が大切です。僕は自身の背中が伸びない、腕を伸ばす過程で背中から指先までにブレーキがかかっていましたが、この人差し指と親指の緊張を取り除くことで、背中や腕が伸びていくことがわかりました。

この記事も携帯電話から投稿していますが、親指でボタンを打っています。本来親指は添える程度にしたいのですが、過剰に記事を書いたりするので、緊張が高まり背中や腕が伸びにくくなっていました。

これからは、投稿を減らすか、人差し指と親指のケアも欠かさないようにしなければ。


posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 23:24| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ブランコと胸骨、骨盤の関係

座ったままブランコに乗る時は、『両膝を伸ばしたり曲げたりしながら勢いをつける』ことと思います。

これを「両膝を曲げずに、伸ばしたままでも勢いをつけられるのではないか?」と思って試してみたところ、胸骨の引き下げと骨盤の後傾により前方への勢いがつき、胸骨の引き上げと骨盤の前傾により後方への勢いがつきました。

ブランコは膝の屈伸運動で勢いをつけるのではなく、胸骨の引き上げと引き下げを使うと、より大きな揺れが得られるということになります。

この身体の使い方はブランコだけに使えるのではなく、歩行や走行を含む前方への体重移動に応用できます。歩幅が大きい人は単に脚が長いだけでなく、胸骨の引き下げができています。

たとえ脚が短くても、胸骨から脚になれば歩幅は確保できるんですね。そう、僕みたいに。



posted by 魂はパーソナルトレーナー(山崎真吾) at 22:34| ◆伝えたいこと 【身体・健康】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。